レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説

レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

レストレスレッグス症候群(Restless Legs Syndrome:RLS)とは

レストレスレッグス症候群とは、主に下肢に対して不快感を覚える病気です。特徴としては、座っていたり、横になっている時などに、脚が落ち着かず動かしたくてたまらなくなる症状が挙げられます。従来、「むずむず脚症候群」と呼ばれ、症状から「下肢静止不能症候群」とも呼ばれていました。

講義や公共交通機関の車内など、一定時間大人しくしていなければならない状況に置かれると脚がむずむずして、脚を動かさなければ耐えられない状態になります。そして脚を動かすと症状は和らぎます。「むずむず」が「ひりひり」になったりもしますが、症状が進行するにつれて激しい痛みを感じるようになります。これは「虫が這うような、火照るような、針で刺されたような」非常に我慢するのが大変な痛みとなるそうです。

この症状に悩まされているのは日本の人口の2〜5%ほどと言われ、そのうち治療を施さないといけないレベルの重い症状の人は3分の1から2分の1ほどだそうです。

妊娠中にこの症状が起こることも少なくなく、罹患者は妊婦のおよそ20%とも言われていますが、その殆どは授乳期間が終わるまでには症状が落ち着くと言われています。

子供がレストレッグス症候群にかかると、落ち着かない行動から「注意欠陥多動性障害(ADHD)」と診断されたり、痛みを伴う症状が「成長痛」と誤診されてしまう場合も少なくありません。

レストレスレッグス症候群(RLS)の具体的な症状

ある程度症状が重くなると、下肢だけでなく、下腹部や、腕、背中にも広がっていきます。
具体的には以下の通りです。

・周期性下肢運動障害
不快感や痛みなどの症状が脚だけに出るもの

・周期性四肢運動障害
上記症状が手足全体に広がるもの

立ち上がって歩くなど、体を動かせば症状は和らぎますが、再度座ったり、横になると症状が現れます。RLSに罹患すると、この繰り返しになります。

夕方から夜にかけての遅い時間帯に症状が現れやすいと言われていますが、日中に症状が出る場合もあるようです。

RLSの大きな問題は非常に重い不眠を起こすことで、症状がひどくなると、就床して5分、10分で症状が出て、結果朝まで一睡もできないことも珍しくないと言います。死に直結することはないものの、眠れないストレスは生活に大きな影響を与えます。

レストレスレッグス症候群(RLS)の主要因

RLSは、発症要因によって、1次性RLSと2次性RLSの2種類に分けられます。

1次性RLS

1次性RLSの原因については詳しくはよくわかっていません。

しかし以下のような原因が考えられます。

・神経細胞の異常
・鉄分の欠乏

神経伝達物質であるドーパミンの機能不全によって、症状が出てしまうという説が有力視されています。また、鉄分はドーパミンを作るのにも使われており、鉄分の不足が原因でドーパミンの機能不全や代謝異常を起こし、脳から脊髄、末梢神経に至る経路に不具合が起こると言われています。

・遺伝
RLSは同じ遺伝子を持つ家族や親族が罹患しやすいという研究結果もあります。特に子供や若いうちに発症することが多いです。概ね45歳以下の若年層が罹患する場合、遺伝的な要因であることが多いと言われています。

若いうちは比較的ゆっくりと進行し、45歳以上になると急激に症状が進行する傾向にあるようです。

2次性RLS

2次性のRLSには、以下のような原因が考えられています。

・ 鉄欠乏症、腎不全
・ 自律神経の不調、失調
・ 睡眠障害

レストレスレッグス症候群(RLS)を患ったら

RLSと思われる症状が出た場合は、睡眠科、あるいは睡眠外来で診療を受けることが大切です。むずむず感から皮膚科を受診する人が多い傾向にありますが、原因が皮膚ではなく神経や代謝であるため、皮膚科では適正な診断、治療は難しいです。近くに睡眠科がなければ、神経外科、神経内科で診察を受けましょう。

症状が悪化する可能性があるので、就床前にニコチンやアルコール、カフェインなどの摂取は控えましょう。

レストレスレッグス症候群(RLS)の5つの必須診断基準

<主な睡眠障害>睡眠障害国際分類(ICSD-3)

① 脚を動かしたいという強い欲求が常にではないものの、通常不快な下肢の異常感覚にともなって、あるいは異常感覚が原因と感じて起こる。

② その強い欲求および異常感覚が、安静にして、静かに横になったり座ったりしている状態で始まる、あるいは増悪する。

③ その強い欲求および異常感覚は、運動によって改善する。

④ 安静時におけるその強い欲求および異常感覚が、日中より夕方・夜間に増悪する。

⑤ これらの特徴を持つ症状が、他の疾患・習慣的行動で説明できない。
(筋肉痛、静脈うっ血、下肢浮腫、関節炎、こむらがえり、特定の体位における不快感、フットタッピングなど類似疾患を鑑別除外)

レストレスレッグス症候群(RLS)を治すには

従来はマッサージや指圧、ストレッチなどに頼っていました。しかし近年は新薬も開発されています。

RLSの患者全てに効果があるとまでは言えませんが、症状を薬によってある程度コントロールできる環境になりつつあります。

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法

  2. 精神的なことが原因で不眠になったとき、知っておきたいこと

  3. 薬物的原因で不眠症になる前に知っておきたいこと

  4. 心理的なストレスが不眠を引き起こす原因になる

  5. 夜勤が原因?交代勤務性睡眠障害の診断基準と改善方法

  6. 70歳の70%が眠れていない原因と解決方法とは?

  1. 押さえておこう!不眠とストレスの関連性とその対処法

    2019.06.21

  2. 寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか

    2019.06.24

  3. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

    2019.06.20

  4. 睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!

    2019.06.20

  5. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

    2019.06.24

  6. 睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!|睡眠障害とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!

    2019.06.24

  7. 丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違いとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違…

    2019.06.20

  8. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

    2018.08.12

  9. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

    2019.06.24

  10. 金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因

    2019.06.21

  1. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

    2018.08.12

  2. いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険も!|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険…

    2019.06.21

  3. 寝言で注意しなければいけないこと|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝言で注意しなければいけないこと

    2019.06.21

  4. ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!

    2019.06.20

  5. 熟眠障害の診断基準や改善方法って知ってる?

    2018.08.23

  6. トリプトファンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.28

  7. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  8. 社会人の睡眠環境を改善する方法|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    社会人の睡眠環境を改善する方法

    2019.06.24

  9. 子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響|子どもの睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響

    2019.06.24

  10. 朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは

    2019.06.20

  1. 枕の選び方で快眠をゲット!|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    枕の選び方で快眠をゲット!

    2019.06.24

  2. 睡眠時遺尿症は子供特有の睡眠障害|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時遺尿症は子供特有の睡眠障害

    2019.06.24

  3. 心理的なストレスが不眠を引き起こす原因になる

    2018.08.16

  4. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

    2019.06.24

  5. 睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法

    2019.06.24

  6. 夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める

    2019.06.24

  7. 男女間で異なる睡眠の質|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    男女間で異なる睡眠の質

    2019.06.21

  8. うつ病と睡眠障害は両方治療が必要|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    うつ病と睡眠障害は両方治療が必要

    2019.06.24

  9. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

    2019.06.24

  10. 必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは?

    2018.08.01

  1. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!

  2. 日本の平均睡眠時間って知ってる?世界と比べて分かること

  3. 子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響|子どもの睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響

  4. 睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係…

  5. 睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!

  6. ジフェンヒドラミン塩酸塩って睡眠サプリに配合されているけど、効…

  7. 高齢者は、なぜ早朝覚醒してしまうのか?

  8. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

  9. 寝言で注意しなければいけないこと|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝言で注意しなければいけないこと

  10. 金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因