丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違いとは

丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違いとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

長眠型と短眠型の違いとは

人や状況により、丁度良い睡眠時間は異なります。人間の睡眠時間は平均7時間半と言われていますが、9時間以上の睡眠を取らないと厳しい人もいれば、6時間以下の睡眠で最適という人もいます。前者を「長眠型(ロングスリーパー)」といい、後者を「短眠型(ショートスリーパー)」と呼びます。

短眠型で知られる歴史上の偉人には、日本では2時間睡眠の森鴎外、世界では4時間睡眠だったというナポレオン1世が知られています。その一方で長眠型で知られる偉人は相対性理論で知られるアインシュタインで、1日に10時間以上は寝ていたそうです。

長眠型と短眠型の睡眠段階の差異

下に示す図は、6時間睡眠の短眠型、7時間半睡眠の平均、9時間睡眠の長眠型の3パターンの睡眠段階を比較したグラフです。

短眠型、長眠型、対照群における睡眠段階出現時間の比較

短眠型、長眠型、対照群における睡眠段階出現時間の比較(福田ら、1984)

意外に思うかもしれませんが、深い眠りであるノンレム睡眠(図で言う段階3+4)の時間は三者ともあまり差がありません。つまり、長く眠っても深い眠りに費やされる時間が増えることはないと言うことです。よって、短眠型は効率よく深い睡眠を取っていると言う事が出来ます。

睡眠時間は短縮が可能である

睡眠時間は削ることが可能
個人差や体質によって左右する睡眠時間はライフスタイルによってある程度は調整可能と言われています。

昔アメリカで行われた研究によれば、7時間半という平均的な睡眠時間を続けていたある夫婦が睡眠を6時間以内にまで短縮しても、心理テストや作業の成績にあまり影響はなかったそうです。また、研究終了後も夫婦は睡眠時間6時間以内の生活習慣を維持している事が確認されたそうです。よって、多少睡眠時間を短縮しても生活に大きな支障は生まれない事が判明しました。

しかしながら、睡眠時間短縮によってどうも目覚めた時にスッキリしないとか、寝不足感を持ってしまうことは多少はあるようです。その後の研究によって、支障が無い範囲で短縮可能な限界値は6時間睡眠まで、ということも判明しました。

性格によって睡眠時間の長さは変わるのか?

睡眠時間が長眠型か、短眠型かで性格に差異が出たという研究報告があります。

「短眠型は外向的で活動性に富み、精力的に仕事をこなす野心家。細かいことには無頓着で、おおらかな行動傾向が特徴です」

「長眠型は創造的である反面、内向的で非社交的で神経質。抑うつ的で不安傾向が強く、社会的適応性が低いという傾向にある」

この2つの違いは、レム睡眠の長さの差が関係しています。ノンレム睡眠は先述の通りほぼ長さが変わりませんが、長眠型の人はその分浅い眠りであるレム睡眠が非常に長くなるのです。長眠型の人は神経質な性格をしており抑鬱的なので、より多いストレス解消が必要である事が原因で、レム睡眠をより長く取らなければならないのでは無いかと言われています。

年齢によっても丁度良い睡眠時間は変わるのか?

人は新生児の時は短時間睡眠を多くの回数繰り返しとりますが、生後1年ほどで大人と同じように夜間にまとめて長い睡眠を取るようになります。昼寝の回数、長さは成長につれて減って行き、6歳をすぎると昼寝はせず夜に1度だけ睡眠を取るように変化します。ここから導き出せることは、年齢によって睡眠の丁度良い長さは変化するのでは無いか、ということです。

社会人になり、俗に働き盛りの時期になると、本来充足されるべき睡眠時間に満たない睡眠となる事が多くなります。これは社会に生きる以上仕方のない事です。反動で生まれる日中の眠気を制御するため仮眠をとるなどして工夫をすると良いでしょう。

極端な睡眠時間を保ち続けると死亡率が上がるのか?

30歳以上の男女100万人を対象にした、アメリカの癌学会による調査では、睡眠時間が平均的な7〜8時間の範囲から逸脱すればするほど死亡率が高くなるという結果が出ています。これは長くても短くても当てはまり、どうやら極端な睡眠時間は体に悪いであろう事が導き出されます。

ですがこれは病気によって睡眠過剰や不眠などが起きていると考えられていて、一概に極端な睡眠時間と死亡率の高さに因果関係があるとは言えません。

睡眠時間は人それぞれではありますが、仮に極端な睡眠時間になってしまっているという人は、一度ライフスタイルを見直して、睡眠時間を平均時間に近づけるのが良いのかもしれません。

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

  2. 夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める

  3. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

  4. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

  5. 就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質

  6. 朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!

  1. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

    2019.06.24

  2. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法

    2019.06.24

  3. 睡眠不足で肥満になる理由!食欲と代謝の関係!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠不足で肥満になる理由!食欲と代謝の関係!

    2019.06.20

  4. 金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因

    2019.06.21

  5. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

    2019.06.24

  6. レム睡眠とノンレム睡眠の役割!特徴を知って質の高い睡眠を!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠とノンレム睡眠の役割!特徴を知って質の高い睡眠を!

    2019.06.20

  7. 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

    女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状…

    2019.06.24

  8. ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての…

    2019.06.24

  9. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

    2019.06.24

  10. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  1. 睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係…

    2019.06.24

  2. 睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動

    2019.06.24

  3. 夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める

    2019.06.24

  4. 寝汗をかくことで快眠を手に入れる|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝汗をかくことで快眠を手に入れる

    2019.06.21

  5. 女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期|女性の睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期

    2019.06.24

  6. シニア世代の睡眠の質を改善するために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    シニア世代の睡眠の質を改善するために

    2019.06.24

  7. 心理的なストレスが不眠を引き起こす原因になる

    2018.08.16

  8. 夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る

    2019.06.24

  9. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

    2019.06.24

  10. ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての…

    2019.06.24

  1. 時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法

    2019.06.21

  2. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

    2019.06.20

  3. 必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは?

    2018.08.01

  4. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工…

    2019.06.21

  5. ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!

    2019.06.20

  6. 寝言で注意しなければいけないこと|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝言で注意しなければいけないこと

    2019.06.21

  7. 日本の平均睡眠時間って知ってる?世界と比べて分かること

    2018.08.13

  8. レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処…

    2019.06.24

  9. 枕の選び方で快眠をゲット!|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    枕の選び方で快眠をゲット!

    2019.06.24

  10. 社会人の睡眠環境を改善する方法|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    社会人の睡眠環境を改善する方法

    2019.06.24

  1. 日本の平均睡眠時間って知ってる?世界と比べて分かること

  2. 朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは

  3. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

  4. ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!

  5. 睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか

  6. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  7. 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

    女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状…

  8. いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険も!|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険…

  9. 夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る

  10. 快眠ストレッチでスムーズな睡眠を|運動|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快眠ストレッチでスムーズな睡眠を