快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし

快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

夏と冬、季節ごとに必要な睡眠の工夫とは

夏と冬で睡眠環境に工夫が必要
季節がはっきりしている日本では、夏は暑苦しく、冬は寒くて寝付けない、ということはよくあると思います。

気候を問わず快適に眠れるには、寝室などの温度、湿度を最適な値にしっかり管理し、季節ごとに寝間着や寝具を変えるなど工夫をすると良いでしょう。

快眠ポイント 夏の場合

1.室温は26℃。湿度は60%を維持すると丁度良い/h4>
夏の場合は、室温は26℃前後、湿度は60%前後に保つのが理想的な睡眠環境です。

ですが、室温を下げるためとは言っても、冷えすぎや体調不良、臀筋料金の高騰を気にしてエアコンはあまり使いたくないという人も多いことでしょう。エアコンの風が直接体に当たる状態は避け、お腹を冷やさぬよう寝間着を暖かめのものにするなどひと工夫すると良いでしょう。

2.昼間は部屋に熱が篭るのを防ぐ

併せて日中は出来る限り部屋に熱が篭らないようにするべきです。

日中家にいる場合は、なるべくドア、窓を開放し、あるいは網戸にするなどして、通気性も確保しましょう。簾や、遮光カーテン等を活用し、窓から日光があまり入らないように工夫します。熱がこもってしまったら、エアコンや扇風機で空気を循環させつつ、換気をしっかりと行いましょう。

3.入浴で身体を温める

夏に気をつけるべきは、外の暑さとエアコンを効かせた室内の温度差です。夏は体温調整機能が低下し、すぐに体調を傷す可能性が高いからです。

寝ている間に放熱がうまく行えず不眠を招くこともあります。こうした事態を防ぐには、寝る90分前を目安に、入浴した体を温めておくのが肝要です。体を温めておくことで、体温の上昇を防ぐために末端から熱を自然に身体から放出しようと働きます。こうした放熱効果によって、入浴後は涼しくなります。体温も下がり、自然な入眠を促します。

4.寝間着や寝具は通熱がこもらず通気性のあるものを

室温がちょうど良くても、寝具の中の湿度が高いと、体感温度が高くなり暑苦しく、寝苦しくなります。夏は、お腹のみを冷えにくくする「頭寒足寒」が理想の寝方です。

足を冷やしても良いのか心配になる人も少なくないでしょうが、冷え症持ちの人は逆に夏が手足が火照りやすいという特色があります。火照っていつまでも放熱しないようであれば、軽く保冷剤などで冷やすと放熱が促されて眠れるようになります。

快眠ポイント 冬の場合

1.室温18~23℃、湿度50~60%が丁度良い

冬の寝つきの悪さは、血管が収縮したり、筋肉が強張ることで血流が低下してしまうからです。

室温は18〜23℃を維持しましょう。暖房器具にあまり頼ることなく、カーテンを厚めにするなどして、窓から熱が逃げてしまわないよう、ひと工夫こらす事が大切です。夜中には暖房を切ることを心がけ、朝、起きる時間よりも前にある程度部屋を温めるように自動タイマーを設定しておく事で、寝起きもスッキリです。

湿度は乾燥しすぎないよう、夏と同じく、50〜60%前後に保っておきます。加湿器や、観葉植物をおいたり、濡れタオルを干すなど工夫しましょう。

2.電気毛布は寝る前に切る事

電気毛布は寝る前に切って、寝間着や布団などを冬用の暖かいものに替えておきましょう。

布団は眠りにくくなる覚醒刺激を防ぐため、あまり冷やさぬように注意。眠る前に電気毛布や湯たんぽ、電気コタツなどをおいて寝具はしっかり温めましょう。ただ、一晩中ずっと温めていると、体温が上がりすぎて汗をかいたり、肌の乾燥を招くので、絶対に寝る前に切るようにしましょう。また肌着、寝間着の重ね着もNG。冬の寝汗は、風邪の元です。

3.廊下、トイレなども常にちょうどいい温度を保つ事

寒い日には、夜中にトイレに立つことも増えがちです。その際、寝室と廊下やトイレに生まれがちな寒暖差には要注意。

睡眠中、布団の中は人肌で温まり33℃前後にまで上昇します。しかし廊下、トイレの温度管理を怠ると、布団の中、寝室の中との寒暖差は、覚醒刺激となるのみならず。急激な血圧の上昇をも招きます。廊下やトイレにも暖房器具をかかさず設置してせめて10℃以下にならないよう工夫を凝らしましょう。

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. 必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは?

  2. 睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?

  3. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

  4. 社会人の睡眠環境を改善する方法|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    社会人の睡眠環境を改善する方法

  5. 朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!

  6. 睡眠薬に関する4つタイプとは?

  1. 睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動

    2019.06.24

  2. 睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法

    2019.06.24

  3. 身体的原因により、不眠になってしまう!?|不眠・睡眠障害につい…

    2018.08.17

  4. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

    2019.06.20

  5. 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ

    2019.06.24

  6. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

    2019.06.24

  7. 睡眠サプリに配合されているテアニンってどんな効果があるの?

    2018.08.29

  8. 睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について

    2018.08.14

  9. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法

    2019.06.24

  10. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

    2018.08.11

  1. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

    2019.06.24

  2. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  3. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

    2018.08.11

  4. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

    2019.06.20

  5. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法

    2019.06.24

  6. 睡眠サプリに配合されているテアニンってどんな効果があるの?

    2018.08.29

  7. 睡眠時は鼻呼吸をしないと危険|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時は鼻呼吸をしないと危険

    2019.06.21

  8. 心理的なストレスが不眠を引き起こす原因になる

    2018.08.16

  9. 時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法

    2019.06.21

  10. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

    2018.08.12

  1. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

    2019.06.24

  2. 睡眠の質や種類は年代によって変化する|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠の質や種類は年代によって変化する

    2019.06.21

  3. 睡眠薬に関する4つタイプとは?

    2018.08.08

  4. うつ病と睡眠障害は両方治療が必要|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    うつ病と睡眠障害は両方治療が必要

    2019.06.24

  5. 必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは?

    2018.08.01

  6. ジフェンヒドラミン塩酸塩って睡眠サプリに配合されているけど、効…

    2018.08.20

  7. 熟眠障害の診断基準や改善方法って知ってる?

    2018.08.23

  8. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

    2019.06.24

  9. 枕の選び方で快眠をゲット!|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    枕の選び方で快眠をゲット!

    2019.06.24

  10. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

    2019.06.21

  1. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

  2. トリプトファンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待で…

  3. 枕の選び方で快眠をゲット!|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    枕の選び方で快眠をゲット!

  4. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

  5. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!

  6. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

  7. 睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!|睡眠障害とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!

  8. レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処…

  9. ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待で…

  10. 夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る