押さえておこう!不眠とストレスの関連性とその対処法

ストレスが不眠の原因となる

ストレスは不眠の原因になります。これは副腎皮質刺激ホルモン、コルチコトロピン(ACTH)によるものです。ACTHは、俗にストレスホルモンとも呼ばれます。

ストレスが溜まると、視床下部にある神経細胞によって、下垂体門脈と呼ばれる血管の中にコルチコトロピン放出ホルモン(CRH)が放出されます。

このCRHが下垂体の中に入り、コルチコトロピンという睡眠を抑制するホルモンが分泌される事で、不眠が起こります。それだけではなく、免疫機能を低下させるという問題もあります。

ストレス要因の睡眠障害が起きやすい人

・責任感があり、真面目な人
・常に時間に追われ気味の人
・競争心旺盛で負けん気が強い人
・すぐに苛つく人
・女々しく過ぎたことをいつまでもウジウジ気にしている人

不眠以外に、ストレスが原因で起こる睡眠障害

・歯ぎしり、寝言
・夢中遊行症

ストレスによって日中に眠気がくる

睡眠抑制の効果がコルチコトロピン放出ホルモンは、分解されると逆に睡眠促進作用を引き起こします。コルチコトロピンを構成するアミノ酸の働きが変化することで、レム、ノンレム問わず睡眠の作用を促進させるのです。

こうしたことが原因となって、ストレス環境下にあるとどれだけ寝ても寝たりない状況になります。

ストレスによって体内時計のリズムも崩れる

生物の細胞に搭載された体内時計(生物時計)は、概日リズムと呼ばれる1日周期のリズムのみならず、1ヶ月周期の概月リズム、1年周期の概年リズムなど、複数のリズムを刻んでいます。

ストレスの下に置かれると、90分ごとにレム睡眠、ノンレム睡眠が繰り返される睡眠周期の定期的な変化を阻害し、眠気を感じる周期に大きな影響が出ます。

ストレスによって睡眠の質が低下する

睡眠不足が続き、脳が疲弊することでストレスがより多く蓄積されるようになって、より一層不眠を招く悪循環が発生します。

仮に眠ることができたとしても、ストレスは睡眠阻害を引き起こすので、眠りの質は大幅に低下します。

ちゃんとした睡眠をとればストレスが軽減される効果がある

眠りのうちノンレム睡眠には。記憶を整理し、不必要な記憶を消す効果があります。よって、ちゃんとした睡眠をとることで、ストレスが消えやすくなります。

しかしあまりにストレスが強い場合は、交感神経が活発に働き続けてしまい。入眠が阻害されてしまいます。

慢性的なストレスが、長期不眠の原因に

急性のストレスよりも、慢性的なストレスが要因となって、長期的に眠りが阻害されます。

ストレスを実感すると生体防御反応により緊張作用が高まります。少し落ち着きを取り戻すと、最初のストレスの源(ストレッサー)に対しては抵抗作用が働き、排除できます。

ですがこの際に更なるストレスが蓄積されるとこの抵抗作用は効果が落ちます。最初より更に強烈なストレッサーによる負荷が長く働いてしまうと、抵抗機能が更に落ち、適応力が消えてしまいます。

不眠を招きやすいストレスとは

一過性のストレス

会議、プレゼン、試験などによる心的負担、旅先や他人の家など慣れない環境、残酷なドラマや映画

慢性化したストレス

人間関係や、仕事のストレス

リラックスして緊張をほぐす方法

緊張を和らげるリラクゼーション方法
入眠を手助けし、ストレスを和らげるリラックス方法には、筋肉の緊張をほぐす筋弛緩法、瞑想やイメージトレーニングなどの認知的弛緩法といった方法が存在します。

筋弛緩法

① 仰向けの姿勢で目を閉じ、程よく全身の力を抜き手足を伸ばす。寝転がらず、座った姿勢でも可。

② 70%ほどの程よい力で、右手におよそ5秒間、ぐっと力を込める。

③ 今度は10秒程度、右手の力をしっかり抜き、脱力状態と力を込めた状態の違いを覚えておく。

④ 左手でも同じように②③の動作を行う。

⑤ ①~④を2回から3回繰り返し行う。

イメージトレーニング

・自分がリラックスできるイメージを布団に入る前に紙に数種類描き、目を閉じてその内一番イメージしやすいものを思い浮かべます。

・自分がリラックスできる状況を、より詳細に思い浮かべます。周りに見えるもの、匂いや音や空気感などを含めて想像するとよりはっきりとイメージを描くことができます。

・鮮明になったリラックスできるイメージを、寝付くまでずっと保ち続けます。

ストレスも程良ければプラスの作用をもたらす

ストレスはあり過ぎてもいけませんが、逆になさ過ぎてもそれはそれでよくありません。適度な緊張、程よいストレスは、ちょうどいいやる気を促し、覚醒を促します。

程よい目標や一時的なゴールなどを適度なストレスに置換することで、睡眠、覚醒のリズムを丁度よく調整するといいでしょう。

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. アロマを利用して睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    アロマを利用して睡眠の質を高める

  2. 朝日を浴びることで睡眠の質が上がる|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝日を浴びることで睡眠の質が上がる

  3. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!

  4. 金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因

  5. 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ

  6. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

  1. 睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係…

    2019.06.24

  2. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  3. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.18

  4. 女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期|女性の睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期

    2019.06.24

  5. 睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?

    2019.06.20

  6. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

    2019.06.24

  7. 睡眠薬に関する4つタイプとは?

    2018.08.08

  8. 70歳の70%が眠れていない原因と解決方法とは?

    2018.08.18

  9. シニア世代の睡眠の質を改善するために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    シニア世代の睡眠の質を改善するために

    2019.06.24

  10. レム睡眠とノンレム睡眠の役割!特徴を知って質の高い睡眠を!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠とノンレム睡眠の役割!特徴を知って質の高い睡眠を!

    2019.06.20

  1. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

    2018.08.11

  2. 発芽玄米やGABAのオススメサプリと効果を紹介!

    2018.08.30

  3. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

    2019.06.24

  4. 睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?

    2019.06.20

  5. 赤ちゃんに睡眠リズムを身ににつけさせママはしっかり眠るために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    赤ちゃんに睡眠リズムを身ににつけさせママはしっかり眠るために

    2019.06.24

  6. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!

    2019.06.21

  7. 朝日を浴びることで睡眠の質が上がる|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝日を浴びることで睡眠の質が上がる

    2019.06.24

  8. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

    2019.06.20

  9. 睡眠時遺尿症は子供特有の睡眠障害|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時遺尿症は子供特有の睡眠障害

    2019.06.24

  10. 朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは

    2019.06.20

  1. 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

    女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状…

    2019.06.24

  2. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

    2019.06.20

  3. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

    2018.08.11

  4. クワンソウって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.27

  5. 肥満肺胞低換気症候群(OHS)は肥満が原因で発生する呼吸障害|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    肥満肺胞低換気症候群(OHS)は肥満が原因で発生する呼吸障害

    2019.06.24

  6. 睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!

    2019.06.20

  7. 朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!

    2019.06.24

  8. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

    2019.06.20

  9. 睡眠薬を安全に効果的に服用しよう|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効果的に服用しよう

    2019.06.24

  10. 睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?

    2019.06.20

  1. アロマを利用して睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    アロマを利用して睡眠の質を高める

  2. 寝ていても目が覚めてしまう中途覚醒とは?

  3. いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険も!|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険…

  4. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法

  5. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

  6. 睡眠時は鼻呼吸をしないと危険|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時は鼻呼吸をしないと危険

  7. 丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違いとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違…

  8. 肥満肺胞低換気症候群(OHS)は肥満が原因で発生する呼吸障害|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    肥満肺胞低換気症候群(OHS)は肥満が原因で発生する呼吸障害

  9. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

  10. 朝日を浴びることで睡眠の質が上がる|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝日を浴びることで睡眠の質が上がる