朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは

朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

朝型はヒバリで、夜型はフクロウ

生活リズムには大まかには2種類に大別されます。早寝早起きの生活を維持している朝型と、夜起きて朝に寝る夜型の2つで、鳥に例えて前者はヒバリ型、後者はフクロウ型と呼ばれます。

この2つの違いは、生活習慣の違い、遺伝的要素、年齢などから決まりますが、極端な朝型と夜型に分かれる例は全体の10%程度にしかすぎません。殆どの人は、あまり極端ではなくその中間の範囲に収まります。

1988年に行われた調査によれば、朝型、夜型それぞれの睡眠時間は下記の通りで、概ね睡眠時間の長さに差は見られませんでした。

<朝型の場合>睡眠時間は6時間43分

・就寝時刻:23時38分(平均)
・起床時刻:6時55分(平均)

<夜型の場合>睡眠時間は6時間56分

・就床時刻:25時8分(平均)
・起床時刻:8時12分(平均)

朝型と夜型どちらが得なのか?

現代社会は生活スタイルも多様化が進み、どちらの方がより良く、お得なのかといった比較はそうそう簡単には行えません。

しかし、様々な研究の結果を見ると、夜型の方が睡眠の質や状態は悪い傾向にあり、健康に問題を抱える人が多いというデータが出ています。

朝型と夜型の明確な違いは体温の上がり方にある

朝型と夜型の大きな違いは、1日の中の体温のリズムにあります。両者の体温の最高値になる時間、最低値になる時間はそれぞれ2時間程度ずれていて、わずかなズレに見えますが、それぞれのタイプの日中の活動スタイルにも大きく影響を与えています。

朝型は比較的早い時間に体温が上がり始め、午前中から積極的に活動できるのに対して、夜型の場合は体温が上がるのが遅く、昼過ぎとなってしまうので、場合によっては夕刻になっても調子が上がらない、なんてこともあります。

夜型は睡眠リズムが不安定になりがち

朝型は睡眠時にも寝つきがよく、スムースに入眠状態に持っていけるのに対して、夜型は入眠時間が不安定になりがちで、寝つきが良くない人が多いのが特徴的です。

さらにいうと、夜型は生活習慣全体に関しても不規則になりがちで、朝型と同じ長さの睡眠時間をとっていても、スッキリ起きられなかったり、睡眠不足気味になったりする人が多いようです。

社会人の場合では、会社は午前8〜9時と朝の比較的早い時間帯に始業する会社が多いので、夜型は総じて睡眠が不足しがちで、生活においても不満を抱きやすくなるという非常に重大なデメリットがあります。

夜型は性格は外向的、しかし神経質な人も多い

夜型の生活を送る人は、朝型の人よりも外向的な性格であると言われますが、その一方で神経質な一面もあり、生活全般において朝型よりも不安や不満を抱えやすいという欠点があります。神経質で真面目なために、寝つきの悪さもストレスや重圧となって重くのしかかり、睡眠不足のせいで不快感を常に持ちがちです。

また、リズムが不安定になりがちであるのは、周囲に流されやすい性格であることも要因の一つであるようです。

朝型の人は夜に適応しづらい傾向にある

朝型で朝早くに目が覚める人は、規則的な生活、早寝早起きにしっかりと慣れてしまっているために、不規則な生活や夜遅くまで起きていることがとても苦手です。なので、イレギュラー的に仕事が夜遅くになってしまうような事態に対応できないというデメリットがあります。

夜9時を回った時点で睡眠を促す体温の低下が始まってしまい、眠気が非常に強くなります。夜更かしや、会社の飲み会などに長く参加することがとてもきついという人が多いです。

また、寝る時間が遅くなったとしても、朝はいつも通り朝早い時間に体温が上がり始めるので、寝足りない状態で早めに目が覚めてしまうという問題も起きてしまいます。

朝型の場合のデメリットは、一定のペースの生活リズムから外れた生活に非常に適応しづらい点が一番でしょう。多様化した現代社会においては少し損かもしれません。

しかし健康維持できるのはやはり朝型か?

生活が変わってしまうことにうまく適応できずに急激に不調をきたしてしまう欠点がある分、朝型はすぐに生活を改善しようという意識に向きがちですが、夜型は不調が比較的緩慢なペースで現れます。なので、どうしようもないレベルの不調に達していることに気づくのが遅くなり、気付いた時には手遅れなんてこともありえます。

どちらがいいとは一概に言うことは難しいです。とはいえ、不規則な生活は基本的にサーカディアンリズムに沿って動く人間に適したものではありません。働きすぎや、寝不足などはやはり健康の大敵となりやすいので、どちらにせよ自分の調子や体調に適したリズムを維持すべきで、無茶は禁物、と言うことができるでしょう。

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

  2. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

  3. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

  4. 睡眠不足で肥満になる理由!食欲と代謝の関係!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠不足で肥満になる理由!食欲と代謝の関係!

  5. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

  6. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし

  1. 子供の時期別睡眠時間!気をつけるべきポイント!|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    子供の時期別睡眠時間!気をつけるべきポイント!

    2019.06.24

  2. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

    2018.08.11

  3. 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ

    2019.06.24

  4. 睡眠の質や種類は年代によって変化する|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠の質や種類は年代によって変化する

    2019.06.21

  5. 男女間で異なる睡眠の質|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    男女間で異なる睡眠の質

    2019.06.21

  6. シニア世代の睡眠の質を改善するために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    シニア世代の睡眠の質を改善するために

    2019.06.24

  7. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

    2019.06.21

  8. 夜勤が原因?交代勤務性睡眠障害の診断基準と改善方法

    2018.08.27

  9. 睡眠時遺尿症は子供特有の睡眠障害|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時遺尿症は子供特有の睡眠障害

    2019.06.24

  10. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!

    2019.06.21

  1. 必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは?

    2018.08.01

  2. 子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響|子どもの睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響

    2019.06.24

  3. 睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法

    2019.06.24

  4. 70歳の70%が眠れていない原因と解決方法とは?

    2018.08.18

  5. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

    2019.06.20

  6. 夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める

    2019.06.24

  7. 就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質

    2019.06.24

  8. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工…

    2019.06.21

  9. 睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!

    2019.06.20

  10. 夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める

    2019.06.24

  1. 金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因

    2019.06.21

  2. 睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか

    2019.06.24

  3. 高齢者は、なぜ早朝覚醒してしまうのか?

    2018.08.22

  4. トリプトファンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.28

  5. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

    2019.06.24

  6. 睡眠サプリに配合されているテアニンってどんな効果があるの?

    2018.08.29

  7. うつ病と睡眠障害は両方治療が必要|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    うつ病と睡眠障害は両方治療が必要

    2019.06.24

  8. 子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響|子どもの睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響

    2019.06.24

  9. 睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!|睡眠障害とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!

    2019.06.24

  10. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

    2019.06.21

  1. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

  2. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

  3. シニア世代の睡眠の質を改善するために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    シニア世代の睡眠の質を改善するために

  4. 睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!|睡眠障害とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!

  5. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  6. 睡眠の質や種類は年代によって変化する|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠の質や種類は年代によって変化する

  7. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

  8. 不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法

  9. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

  10. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!