睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

睡眠時無呼吸症候群(SAS)はどんな病気か

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が一時的に止まったり、主に喉周りで通気が閉塞し、うまく空気が流れなくなったりする病気です。

睡眠中、無呼吸状態が10秒以上、ないし1時間に5回以上の低呼吸(呼吸による換気率が5割を下回る状態)がある場合、睡眠時無呼吸症候群に当てはまると言われています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)はどんな症状が出るのか

①無呼吸発作が1時間に複数回起きる

無呼吸発作とは、通常の寝息、いびきとは違い、寝息が一定時間(数秒〜10秒)止まったのちに、「ゴアッ!」という大きな音を発してしまうような症状を言います。

そもそもいびきそのものが気道の閉塞の顕れと言われていますので、いびきから無呼吸発作へ症状が悪化する可能性も大きいです。長期的にいびきをかいている人は要注意と言えるでしょう。

②日中の過剰な眠気

上述の無呼吸発作が睡眠中に何十、何百と起こってしまうと、脳や体が充分な休息を得られなくなります。睡眠の質が大幅に低下してしまうことで、日中に耐えきれないほどの眠気が起き、日常生活に支障が出てしまいます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)になる原因とは

睡眠時無呼吸症候群が起きてしまうのは、舌や口蓋垂(所謂、のどちんこ)が気道を閉塞させてしまうことによるものと言われています。以下のような原因によって気道の閉塞が起こると考えられています。

①太り過ぎ、肥満

首回りや顎の下に脂肪が多くついてしまうことで、気道が塞がりやすい状態になると言われています。

② 顎が狭く小さい

顎が狭く小さいと、気道が元々狭く塞がりやすいと考えられます。その場合、肥満と言われるほど太っていなくても、少しの体重増加だけで睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まると言われています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)はなぜ危険なのか?

睡眠時無呼吸症候群は、寝ている間に起こるので、本人の自覚症状が得られない場合が多いです。家族や恋人など一緒に寝る人がいなければ長期にわたって本人が気づかないままということも珍しくありません。

また、睡眠時無呼吸症候群が長期間続くことによって、呼吸器、循環器系を中心にダメージが蓄積され、身体全体に大きな悪影響が出てしまいます。

<無呼吸による呼吸・循環系の弊害>

低酸素血症
動脈血液中の酸素濃度が低くなる酸欠状態

睡眠時呼吸性洞性不整脈
無呼吸中に頻脈と徐脈を繰り返す不整脈

交感神経活動の亢進
血管が収縮し、心拍数が増加・血圧が上昇すること

呼吸性アシドーシス
肺が適切に二酸化炭素を排出しなくなる状態

睡眠中、繰り返し、何回も呼吸が止まってしまうことによって、脳が常に起きた状態になります。そうしたことが原因で自律神経が乱れることで内分泌に影響が出て、肥満を伴い糖尿病、高血圧、動脈硬化など様々な重大疾患を引き起こします。心臓にとっても負担が蓄積される結果となり、不整脈など心疾患が起きやすくなるので、命の危険に繋がりかねない病気です。早期発見、早期治療が肝心です。

近年、様々な診療科の担当する疾患の背後に睡眠時無呼吸症候群があることがわかってきています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)はどう対処すればいいか

症状のレベルにより、対処法が2つ挙げられます。

①重症の場合は CPAP(持続陽圧呼吸)治療

睡眠の際に、CPAPと呼ばれる特殊な装置と、鼻専用のマスクを着用します。

鼻から空気を送り、気道の閉塞を防ぐことで無呼吸が起こるのを防ぐ効果があります。

②マウスピース(口腔内装置)をつける

中程度の症状の場合は、専用のマウスピースを着用して、下顎が少々前に出る状態で固定します。こうした状態を保つことで気道を広げます。

しかしこうした対処法は補助的なものであり根本的解決には繋がりません。睡眠時無呼吸症候群を治すには、適度な運動やバランスのとれた食事を継続することが最も大切です。

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

  2. 睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について

  3. 子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響|子どもの睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響

  4. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法

  5. レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説

  6. 不眠は生理的原因のせいで訪れる?

  1. 朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!

    2019.06.24

  2. 睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について

    2018.08.14

  3. 睡眠サプリに配合されているテアニンってどんな効果があるの?

    2018.08.29

  4. 不眠は生理的原因のせいで訪れる?

    2018.08.16

  5. クワンソウって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.27

  6. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  7. 必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは?

    2018.08.01

  8. 睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ

    2019.06.20

  9. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法

    2019.06.24

  10. 寝言で注意しなければいけないこと|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝言で注意しなければいけないこと

    2019.06.21

  1. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

    2019.06.24

  2. 睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法

    2019.06.24

  3. 夜勤が原因?交代勤務性睡眠障害の診断基準と改善方法

    2018.08.27

  4. クワンソウって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.27

  5. 睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか

    2019.06.24

  6. トリプトファンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.28

  7. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

    2019.06.24

  8. 寝起きが良くなる起床時ストレッチ!|運動|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝起きが良くなる起床時ストレッチ!

    2019.06.24

  9. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  10. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

    2019.06.24

  1. 夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める

    2019.06.24

  2. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工…

    2019.06.21

  3. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

    2019.06.24

  4. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

    2019.06.24

  5. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

    2019.06.24

  6. 丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違いとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違…

    2019.06.20

  7. 夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る

    2019.06.24

  8. 女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期|女性の睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期

    2019.06.24

  9. 睡眠薬に関する4つタイプとは?

    2018.08.08

  10. ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての…

    2019.06.24

  1. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

  2. 就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質

  3. 寝言で注意しなければいけないこと|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝言で注意しなければいけないこと

  4. 睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動

  5. 必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは?

  6. 睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!

  7. ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待で…

  8. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!

  9. 70歳の70%が眠れていない原因と解決方法とは?

  10. 発芽玄米やGABAのオススメサプリと効果を紹介!