簡単に実践可能!快適な睡眠環境づくりのためにできること

簡単に実践可能!快適な睡眠環境づくりのためにできること|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

快適な睡眠を阻害する可能性のある要因

寝室において注意すべき環境要因は以下の通り3つあります。

<寝室において注意すべき3つの環境要因>

温度や湿度の設定
周りの音
光の加減

温度・湿度と睡眠

夜間、正常な睡眠が行われる時、手の甲や足の甲などといった末梢部分の皮膚が温かくなります。人が眠りに就くとき、身体の深部における体温は、こうした末梢部分からの放熱によって低下します。そして入眠のあと、起床時間が近づくにつれて体温は再度上がっていきます。

要するに、眠りに入る前から入眠後にかけて効率よく体温が下がることが、快適な睡眠をもたらすということです。ですので、寝室における温度管理が大切になります。

睡眠を阻害する温度

温度環境
・高い温度の場合

寝室の温度が29℃を超える場合、室内の温度と皮膚温度の差が僅少で、手足など末梢部分からの放熱がされにくくなるので、体の深部体温があまり下がりません。

末梢部の皮膚温度の上昇では放熱が足りず全身で発汗量が多くなり、睡眠中に覚醒する時間が増加。殊に睡眠前半において、中途覚醒が増えてしまい、快適な睡眠が阻害されます。

・低い温度の場合
寝具を使用せず裸で寝る場合、室温が29℃より下回ると、睡眠時の覚醒が増える傾向にあります。また、データによると、寝具を使用して寝る場合は、16〜19℃の環境が最も快適に眠れたと言う結果が出ています。

睡眠時の環境的な温度が10℃を下回ると、身体の深部の体温の大きな低下によって身体に影響が出ることで、快適な睡眠が阻害されます。

睡眠を阻害する湿度

湿度環境
・高い湿度の場合
例えば寝室の気温が35℃、湿度が75%と言う高温湿度の環境では、35℃で湿度を50%、室温29℃で湿度75%、29℃で湿度50%とした場合に比べ、中途覚醒が増えてしまいます。

重要なのは温度よりも相対湿度で、同じ温度でも湿度が高いほうが体感温湿度はより暑くジメジメして感じられるので、湿度を下げることが肝要です。

・低い湿度の場合
冬は空気が乾燥しやすく、湿度が下がるため、加湿器等を的確に利用することで、乾燥を防ぎましょう。

また、寒いとは言っても、高齢の方が好んで使用する傾向にある電気毛布の利用はあまりしないほうがいいでしょう。夏と同様の、高温による寝苦しさを感じてしまいます。

睡眠に快適な温度・湿度

快適な温湿度環境とは
寝具を使用して寝る場合、室温が16〜26℃、湿度は50〜60%であると快適に眠れるそうです。

ただ、高齢者の場合では体温調節機能の低下が見られますので、良質な睡眠に適した温度条件は比較的狭くなります。空調や、除湿器、加湿器を適正に利用することで、快適な温度・湿度に調節することが大切です、

睡眠を阻害する音

睡眠と音
快適な睡眠を妨げる騒音レベルは、40〜50デシベル以上とされています。これは、電気スイッチを操作するカチッと言う音とほぼ同等となります。

常に鳴り続けている連続的な音よりも、突然発生する衝撃的な音の方が覚醒しやすいと言われています。高齢者は睡眠の維持機能が低下し、ただでさえ覚醒しやすい状態となってしまうので、騒音が不眠の原因となりやすいです。

騒音を防ぐには

騒音対策
寝室の外から発生する騒音に対しては、ドアをしっかり閉めたり、厚手のカーテンで窓を覆うなどすることで改善する可能性があります。

それでも耐えられない、と言った場合は、防音ドア、防音サッシの使用、あるいは壁を防音マットなどで覆うなどする必要があるかもしれません。

睡眠を阻害する光

入眠前、入眠後(睡眠中)、起床直後、それぞれによって適切な光の状態は少しずつ異なります。

入眠前

就寝前
入眠する前は、間接照明などやや暗めの明かりを灯すことで、効率よく入眠することができるでしょう。睡眠促進効果のあるメラトニンというホルモンは、明るい光によって抑制されてしまうからです。

入眠のおよそ1時間前からメラトニンが分泌されますが、メラトニンは500ルクスを超える明るい光や、蛍光灯の青白い光を浴びることによって抑制されてしまいます。ちなみに、通常の室内の照明は300〜500ルクスとなっています。

“入眠前にとるべき対応”

就寝のおよそ1時間前から、暖色かつ暗めの間接照明のみ灯すと入眠に効果的です。

深夜にガソリンスタンドやコンビニエンスストアなど昼間レベルに明るい場所を訪れることや、パソコン・スマートフォンの液晶ディスプレイを眺めることは、睡眠を阻害してしまいますのでなるべく避けましょう。

入眠後(睡眠中)

睡眠中、真っ暗だと精神的に不安になる人、また、トイレに行きたくなって何度か起きてしまう人は、部屋は真っ暗にせず、常に薄暗い照明にしておくと効果的です。

睡眠中は真っ暗にすると不安な人や、トイレなどに立ちやすい人は、薄暗い状態にするとよいでしょう。

“寝る前に予めとるべき対応”

寝室は真っ暗にせず、豆電球や白熱灯などのわずかな光をつけたままにしておくといいでしょう。しかし寝室を暗くしていても、トイレに行くまでの廊下やトイレ内の照明が明るすぎると折角の対策も台無しです。廊下やトイレも、常に1〜40ルクス程度の暗い照明にしておきましょう。

起床直後

起床直後は2500ルクスを超える明るい光を浴びると、目覚めが促進されます。

カーテン越しに程よく朝の日差しが差し込むような環境を作るなどすれば、覚醒と自律神経の活動状態への切り替えが促進され、体内時計がしっかりと整う効果も生まれます。

”起床直後にとるべき対応”

起床から約3時間以内(身体の深部体温の最低温になってから約5時間以内)に明るい光に晒されることで、体内時計がしっかりとリセットされ、適正な周期に調整されます。

また、自動設定などで起床30分前くらいから少しずつ明るくなるように調節できれば、目覚めがよりすっきりすると言われています。

寝間着や空気の状態、匂いなども大切な要素

寝間着などの寝具

睡眠中の寝間着などの衣服や掛け布団などの寝具は、保温の効く材質のものがいいでしょう。最適な温度は32〜35℃で、湿度は50±5%の環境が、快適な睡眠に繋がると言われています。

冬は掛け布団より敷き布団を増やし、肩まで布団で覆うことで最適な寒さ対策に繋がります。そうすることで寝返りを打ちやすくなり、布団がはだけて冷気が入ることも防ぐことができます。空調を使用した温度調整も併せて行うといいでしょう。

夏は敷き布団と身体の間に適度な隙間を設けられるよう、マットレスなどを使用すると快適に眠れるでしょう。寝間着は、吸水、吸湿に優れ、肌触りが柔らかいものがオススメです。

空気の状態

アレルギー性鼻炎を患っている人は、睡眠の質が低下する傾向にあります。ダニや花粉による空気の汚染によって引き起こされるアレルギー性鼻炎の症状がひどくなるのは、早朝から午前中と言われているからです。

花粉症持ちの人は、布団を天日干しにすると花粉が付着する危険性があるので、布団乾燥機を使用するなどして寝室に花粉を持ち込まない対策が重要です。

埃やダニが原因であるアレルギー症状がある場合は、毛布や布団、枕、また部屋の絨毯や畳、枕元のぬいぐるみなどダニや埃がたまりやすいものを2時間程度天日干しにしましょう。または布団乾燥機などで加熱(50℃でおよそ1時間ほど)させることでダニを殺し、掃除機でダニの死骸を丁寧に取り除きましょう。

匂い

匂いや香りに関しては睡眠や起床に大きな影響はないものの、補助的に適正なものを使用するといいでしょう。

・鎮静作用のあるもの
カモミール、ラベンダー

・交感神経の活動を抑えるもの
ヒノキ、スギ

・覚醒作用のあるもの
ペパーミント、ジャスミン

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

  • 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】 不眠症や夜更かしをすると、体内時間がズレると言われています。 この体内時計とは、どういったものなのでしょうか?この記事では、体内時計について掘り下げます。 Posted in 睡眠について
  • 睡眠薬に関する4つタイプとは?睡眠薬に関する4つタイプとは? 睡眠薬は、さまざまな種類があり、効果時間ごとに分けると「超短時間型」「短時間型」「中時間型」「長時間型」に分類できます。 効果時間を専門的に言うと「半減期」です。これは服用した後に身体に入った血液中の薬の濃度が、最高値の半分以下になるまでの時間を指します。効果時間が短いほど、身体の中に存在している時間が短いと言うことができます。副作用の強さは、基本的にはこの時間に準じています。 […] Posted in 睡眠について
  • 睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策 歯ぎしりは歯を食いしばったり擦り合わせたりすることできしみ音がすることですが、これが睡眠時に発生するのが睡眠時歯ぎしりです。お子さんが歯ぎしりをして心配なご両親もいらっしゃるでしょう。加齢とともに睡眠構造が整っていくため、睡眠時歯ぎしりは徐々に減少していきます。とはいえ重度の場合は一晩に何百回も歯ぎしりしたり長時間歯を食いしばっていると心配になります。 […] Posted in 睡眠について
  • 金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因 金縛りは睡眠の始まりや覚醒時に、体が動かせなかったり喋れない状態になることを指します。医学的な名称は反復孤発性睡眠麻痺と言います。なぜ金縛りが発生するのでしょうか。 Posted in 睡眠について
  • シニア世代の睡眠の質を改善するためにシニア世代の睡眠の質を改善するために シニア世代の睡眠関連の悩みは多いです。若い頃に比べると必要な睡眠時間自体が短くはなるものの、深い眠りが現象し中途覚醒が増えるといったように睡眠効率は悪くなります。あまりにも朝早く目覚めてしまう早朝覚醒も問題となります。 Posted in 睡眠について
  • 社会人の睡眠環境を改善する方法社会人の睡眠環境を改善する方法 睡眠時間が足りないのは、仕事効率上もいい影響はありません。事故の危険性も上がりますし、注意力や生産性は低下します。忙しい現代人は慢性的な睡眠不足と言えますが、なんとか対策したいものです。 Posted in 睡眠について
  • 夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める 睡眠の質を高めるためには夜にリラックスして過ごすことが大切です。多くの人がリラックスタイムとして入浴を意識しています。できるだけバスタブに使って、ゆったりとした入浴時間を過ごすのがお勧めです。入浴は体温を下げ、入眠がスムーズになります。 Posted in 睡眠について
  • 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす 睡眠中にふくらはぎや足の筋肉がつるのに悩まされている方は多いです。これは「睡眠時下肢こむらがえり」といって筋肉が強く収縮することで発生します。 Posted in 睡眠について
  • レム睡眠とノンレム睡眠の役割!特徴を知って質の高い睡眠を!レム睡眠とノンレム睡眠の役割!特徴を知って質の高い睡眠を! 睡眠は実に人生の1/3を占める生命活動です。寝るのは当たり前で、特に疑問を抱いたことがないという方がほとんどでしょう。 中には睡眠中は活動ができないため、無駄な時間と感じる方もいるかもしれません。「眠らずに済めば時間を有効活用できるのに…」というわけです。 Posted in 睡眠について
  • 睡眠時は鼻呼吸をしないと危険睡眠時は鼻呼吸をしないと危険 睡眠時の口呼吸で、いびきがひどくなったり起きた時に喉が渇いていたりという悩みをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。口呼吸はそのほかにも虫歯や歯周病を引き起こすため、鼻呼吸をしっかり行うことが大切です。 Posted in 睡眠について
  • 睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり! 眠りは美肌を実現するために以下のような役割を果たしています。 ・肌のハリが回復 睡眠の質が高いと肌の回復を促進します。真皮と皮下組織を再生、筋肉をリラックスさせます。肌は表皮だけでなく、真皮、皮下組織、筋肉の回復が重要なのです。 Posted in 睡眠について
  • 朝日を浴びることで睡眠の質が上がる朝日を浴びることで睡眠の質が上がる 質の良い睡眠は決まった時刻に脳をリセットすることで得られるようになります。生体リズムが整えば、短時間でも睡眠効率は上がるのです。 休日は夜更かしして昼間に起きるという行為はこの生体リズムを崩します。たっぷり休んだはずなのに、平日の睡眠の質を下げてしまうのです。 Posted in 睡眠について
  • 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン 成長ホルモンは人間の体の成長や細胞の再生を行います。成長ホルモンは睡眠中にたくさん生成されるため、寝る子は育つという諺は医学的にも事実なのです。成長ホルモンが行うのは主に成長作用とたんぱく質の合成です。 成長ホルモンが分泌されるとは成長や肌細胞の修復、疲労回復、脂肪の燃焼などの効果があります。健康のみならず美容にも重要なホルモンです。 […] Posted in 睡眠について
  • 枕の選び方で快眠をゲット!枕の選び方で快眠をゲット! 枕は布団と頸部の隙間を埋めるための重要な役割を持っています。隙間があると首が不安定になり負荷がかかります。そのためコリや筋肉痛が発生してしまうのです。睡眠中の弛緩した首を支えるためには枕が重要です。 Posted in 睡眠について
  • 睡眠不足で肥満になる理由!食欲と代謝の関係!睡眠不足で肥満になる理由!食欲と代謝の関係! 睡眠不足だと太るというのはあまりイメージにない方も多いかも知れません。実は寝ないと太るというのは医学的に証明されています。 睡眠不足は体のあらゆる部分に悪い影響を及ぼすので注意が必要です。睡眠時間を確保できるような生活リズムを作り肥満を防ぎましょう。 Posted in 睡眠について
  • 子供の時期別睡眠時間!気をつけるべきポイント!子供の時期別睡眠時間!気をつけるべきポイント! 大人が夜更かししているからといって、子供も一緒に過ごすのは成長の上で好ましくありません。体内時計が狂い慢性的な睡眠不足や夜型の生活になり、社会生活に不都合が生じます。寝床の中でスマホやゲームを行うことで覚醒状態が続き睡眠に入れないというケースも多いです。 Posted in 睡眠について
  • 朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは 生活リズムには大まかには2種類に大別されます。早寝早起きの生活を維持している朝型と、夜起きて朝に寝る夜型の2つで、鳥に例えて前者はヒバリ型、後者はフクロウ型と呼ばれます。 この2つの違いは、生活習慣の違い、遺伝的要素、年齢などから決まりますが、極端な朝型と夜型に分かれる例は全体の10%程度にしかすぎません。殆どの人は、あまり極端ではなくその中間の範囲に収まります。 […] Posted in 睡眠について
  • アロマを利用して睡眠の質を高めるアロマを利用して睡眠の質を高める 脳と体をリラックスさせるためにはアロマは効果的です。アロマテラピーの香りでリラックスした結果寝つきが良くなります。好みがかなり影響するので、人気があってもリラックスできない、自分には合わないと感じた香りは使わないようにしましょう。 Posted in 睡眠について
  • 丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違いとは丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違いとは 人や状況により、丁度良い睡眠時間は異なります。人間の睡眠時間は平均7時間半と言われていますが、9時間以上の睡眠を取らないと厳しい人もいれば、6時間以下の睡眠で最適という人もいます。前者を「長眠型(ロングスリーパー)」といい、後者を「短眠型(ショートスリーパー)」と呼びます。 […] Posted in 睡眠について
  • 夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める 質の良い眠りには運動が効果的です。理由としては運動によって体温を高めることによって眠る前にスムーズに体温を下げることができるためです。 ですので、寝る2〜3時間前に全身運動をするのがオススメです。とはいえ、副交感神経を高める必要があるため、あまり激しい運動は避けましょう。あくまでリラックス目的で行うのです。 […] Posted in 睡眠について
  • 睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当? スポーツや楽器の練習をした後にしっかり睡眠をとると技術が向上する。練習をただ繰り返すだけでなく、休んで睡眠をとることで技術向上の効率が上がることが明らかになりました。 具体的にはタイピングの練習をグループにさせ、ひたすら練習を繰り返したグループと、6〜8時間睡眠をとったグループに分けて上達の様子を観察しました。その結果、6〜8時間睡眠をとったグループに大きな技術の向上が見られました。 […] Posted in 睡眠について
  • 夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る 睡眠時の布団内の温度は睡眠の質に大きく作用します。寝床内気候と言いますが、春秋は比較的寝床内気候が安定し睡眠の質が良い傾向があります。 夏冬は暑かったり寒かったりしてコントロールすることが難しい傾向があります。温度や湿度のコントロールをするために寝具選びが重要になります。 […] Posted in 睡眠について
  • ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能! 嫌なことがあったときや困難に見舞われたときに「とりあえず寝る」という人は多いのではないでしょうか。2000年の厚生労働省の調査によれば、ストレス対処のために「寝る」「寝床に入る」と答えた人は20%にも上りました。しかし、結果不安に苛まれ寝付けないというケースもまた多いです。ストレスと不眠はどのような関係にあるのでしょうか。 […] Posted in 睡眠について
  • いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険も!いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険も! いびきとは睡眠中に上気道で発生する振動音です。上気道は様々な原因で狭くなると、呼吸の際に口蓋垂や軟口蓋が摩擦で振動 します。これの結果がいびきです。 Posted in 睡眠について
  • 赤ちゃんに睡眠リズムを身ににつけさせママはしっかり眠るために赤ちゃんに睡眠リズムを身ににつけさせママはしっかり眠るために 大人と違って赤ちゃんは24時間いつでも寝たり起きたりを繰り返しています。睡眠が夜に集中し始めるのは生後2〜3ヶ月後あたりからです。 Posted in 睡眠について
  • 必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは?必ず知っておきたい!人が睡眠をとるべき理由とは? 私達は不眠症で悩むこともあります。眠れない夜にこんなことを考えた事はないでしょうか? 「そもそも睡眠は、どのような目的で、なぜ必要なんだろうか?」 「体を休めるだけなら、動かないでじっとしていればいいはず。人間はさておき、動物なら寝ている間に攻撃される可能性もあるし…」 私達に必要な睡眠とは、どのようなものなのでしょうか? […] Posted in 睡眠について
  • 快眠ストレッチでスムーズな睡眠を快眠ストレッチでスムーズな睡眠を 寝る前のストレッチは体をリラックスさせ疲れをほぐしてくれます。あくまでトレーニングではなくストレッチなので体調や体の柔らかさに合わせて無理せず取り組みましょう。呼吸をしながら、ゆっくり丁寧に、弾みをつけずに行うのがポイントです。 Posted in 睡眠について
  • 朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを! 睡眠中には脳のエネルギーが底をつきます。ですので朝食で糖質を補給することは重要です。炭水化物をしっかりとり、カフェイン等で覚醒するのが効果的なのです。 朝食抜きの生活を送っていると、脳が覚醒せず、学業や記憶力に影響が出ます。消費カロリーが低い傾向があり、結果肥満が多いというデータがあります。 […] Posted in 睡眠について
  • 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし 季節がはっきりしている日本では、夏は暑苦しく、冬は寒くて寝付けない、ということはよくあると思います。 気候を問わず快適に眠れるには、寝室などの温度、湿度を最適な値にしっかり管理し、季節ごとに寝間着や寝具を変えるなど工夫をすると良いでしょう。 Posted in 睡眠について
  • 寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか 寝る直前の食事は睡眠の質を下げるので避けるべきです。 理由としては、せっかく寝付こうとしている時に食事をすると嫌腸の動きが活発になってしまうからです。また食べ物が胃や腸に入ったまま睡眠に入ると、朝まで消化されないのも睡眠の質を下げる一因です。お腹に寝る前に食べた食事が残っていると朝食をとる食欲もわかず、食事のリズムも崩れます。 寝る2〜3時間前には食事を終えていることが大切です。 […] Posted in 睡眠について
  • 男女間で異なる睡眠の質男女間で異なる睡眠の質 深いノンレム市民やリラックスした睡眠を取れていると、脳波はゆったりとした形で現れます。男女で比べると女性の方が男性に比べてこのゆったりした脳波が現れる率が高く、質の良い睡眠を取れているということができます。 この脳波の周波数帯域の違いは20代以降の男女で顕著になります。 […] Posted in 睡眠について
  • 快適な布団を保つためのお手入れ方法快適な布団を保つためのお手入れ方法 布団はベッドに比べて通気性が悪く、湿気がたまりやすい特徴があります。ですので、週に一度程度が天日干しをすることが大切です。 Posted in 睡眠について
  • 睡眠の質や種類は年代によって変化する睡眠の質や種類は年代によって変化する 年齢によって睡眠の形というのは変化します。人生のステージ別にご紹介します。 ・乳幼児期 赤ちゃんは眠っている時間が多いというイメージがありますが、その睡眠は2・3時間おきに目覚めるという「多相性睡眠」です。目覚めるタイミングは授乳や排泄時で、それ以外の時間帯はすべて分散して眠り続けるのです。 昼間は目覚め、夜に眠るというリズムに移行し始めるのには1年程度かかります。夜間の睡眠が持続可能になるのです。 […] Posted in 睡眠について
  • 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ 日中と夜の過ごし方はメリハリをつけたほうが良いです。昼間を活動的に過ごすコオで交感神経を高め、夜は穏やかに過ごすことで副交感神経を高め睡眠モードへ誘います。これが逆転していたりすると睡眠の質が低下する危険性があります。 昼間を活動的に過ごすことで、脳の働きも盛んになり、生活の質も上がります。 […] Posted in 睡眠について
  • 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に! アルコールは短時間に大量に摂取することで、脳の活動を維持できなくなり眠くなります。ですので入眠しやすくなるように寝酒が行われるのは一般的です。 アルコールは睡眠に対して理論上はいい効果があります。というのも、興奮状態を抑え、抑うつ状態は興奮状態にするという効果があるからです。 […] Posted in 睡眠について
  • 就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質 寝る前に暗いところで過ごすのは効果的です。光は脳を興奮させますし、明るい場所は脳を昼と勘違いさせ、眠りのホルモンであるメラトニンの分泌を阻害します。 深い眠りに入るまでは就寝後3時間ほどかかります。深い眠りの最中にホルモンが分泌され、睡眠のメリットはこの時間に大きく現れます。スムーズに深い睡眠に入るためには就寝時の環境は重要です。 […] Posted in 睡眠について
  • 寝起きが良くなる起床時ストレッチ!寝起きが良くなる起床時ストレッチ! 起床時のストレッチは筋肉刺激によって脳を覚醒させる効果があります。寝起きをスッキリさせるために、ぜひ取り組みましょう。 Posted in 睡眠について
  • 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう 太陽光だけでなく、室内の光でも体内時計に影響を与えるといわれています。寝る前に室内の明るい光を浴びることで寝つきが悪くなり、睡眠の質も下がります。 室内の光よりも太陽光に頼る方が適正な概日リズムが維持されます。就寝前は室内を明るくせず、日中にも間接照明やダウンライトを使うなど、人工光が目に入る量を減らして行きましょう。 […] Posted in 睡眠について
  • 押さえておこう!不眠とストレスの関連性とその対処法押さえておこう!不眠とストレスの関連性とその対処法 ストレスは不眠の原因になります。これは副腎皮質刺激ホルモン、コルチコトロピン(ACTH)によるものです。ACTHは、俗にストレスホルモンとも呼ばれます。 ストレスが溜まると、視床下部にある神経細胞によって、下垂体門脈と呼ばれる血管の中にコルチコトロピン放出ホルモン(CRH)が放出されます。 […] Posted in 睡眠について
  • ベッドを快適に保つお手入れベッドを快適に保つお手入れ ベッドの手入れは睡眠の質を高めるのに重要です。以外にお手入れが簡単なのも嬉しいです。以下にベッドのお手入れ方法をご紹介します。 Posted in 睡眠について
  • グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる? グリシンは、睡眠サプリに配合されていることが多いです。なぜグリシンは、睡眠に効果があるのでしょうか? 副作用や安全性、依存性などが心配な方もいるかもしれません。そんな方向けに、グリシンについて解説していきます。 Posted in 睡眠・熟睡・不眠・睡眠障害に役立つ成分
  • 時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法 海外旅行を行うと8割以上の人々が時差ボケ悩まされます。 そもそも時差ボケというのは、ジェット機など速度のある乗り物で5時間以上の時差がある場所への移動によって到着地の生活時間と拠点からの体感時間に大きなズレが生じてしまい。身体機能が一時的な混乱を示すことをさします。 Posted in 睡眠について
  • 睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ 睡眠は実に人生の1/3を占める生命活動です。寝るのは当たり前で、特に疑問を抱いたことがないという方がほとんどでしょう。 中には睡眠中は活動ができないため、無駄な時間と感じる方もいるかもしれません。「眠らずに済めば時間を有効活用できるのに…」というわけです。 実は睡眠についての研究はまだまだ始まったばかりで、睡眠の意味やメカニズムについてはわからないことだらけなのです。しかし、一つだけ確かなことは、人間にとって睡眠は欠かすことができないという点です。 […] Posted in 睡眠について
  • 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる? 女性は、女性ホルモンによって睡眠の質が低下しやすいといわれています。 月経中の女性の「黄体期」すなわち排卵日から次の生理までの期間に、より妊娠しやすくなるホルモン「プロゲステロン」が多く分泌されます。 このプロゲステロンには睡眠作用があるそうで、黄体期、また妊娠初期は眠くなりやすいといわれます。 […] Posted in 睡眠について
  • パジャマの選び方で睡眠の質を高めるパジャマの選び方で睡眠の質を高める パジャマには様々なタイプがあります。スウェットやTシャツ、ネグリジェなど本人が快適に眠れるものを着れば良いのですが、睡眠の質に大きく関わるパジャマ選びは案外重要です。 Posted in 睡眠について
  • 寝相の注意点と性格分析寝相の注意点と性格分析 睡眠時の寝返りは正常な行動です。睡眠時には脳も休息しているため、姿勢を保とうという働きもストップしています。そのため、就寝時と起床時の姿勢が違うことがあるのです。平均して一晩に10〜20回の姿勢の変化があるのが普通です。 Posted in 睡眠について
  • 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響! タバコを寝る直前に吸うと、吸った直後はリラックスできているような気がしますが、実は睡眠の妨げになっています。タバコにはリラックスさせる効果と同時に覚醒効果があるため、不要な覚醒状態をもたらしてしまうのです。 Posted in 睡眠について
  • 寝汗をかくことで快眠を手に入れる寝汗をかくことで快眠を手に入れる 寝汗は睡眠中の体温調節の役割があります。汗を掻くと皮膚から熱が蒸発し体温が低下します。体温が低下すると深い睡眠に移行しやすくなるのです。深い睡眠に入るには入眠時の体温よりも0.5〜1度低い体温が必要です。深い眠りをしっかりとることで快眠につながります。 Posted in 睡眠について
  • 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ! 昼寝は正しい方法で行えば夜の睡眠に影響を与えることなく、日中の作業効率を上げることができます。具体的にはノンレム睡眠の段階3・4に移行する前に起きれば良いのです。昼間の眠気だけ解消され頭がスッキリします。 Posted in 睡眠について
  • 日本の平均睡眠時間って知ってる?世界と比べて分かること日本の平均睡眠時間って知ってる?世界と比べて分かること 日本人は仕事が忙しく、睡眠時間が少ないと聞いたことがあるのではないでしょうか? 実際に日本人は、世界の人と比べて寝ていないのでしょうか? 日本人の睡眠時間について紹介します。 Posted in 睡眠について
  • 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因? 人間が不眠症になる原因の1つが、赤ちゃんの夜泣きです。日本のお母さんの99%は、赤ちゃんの夜泣きによって、ストレスを抱えたことがあるはずです。 急に泣き出してしまい、親が起こされることは珍しいことではありません。仕事で疲れているときは、早く泣き止んでくれと思うはずです。 Posted in 睡眠について
  • 寝言で注意しなければいけないこと寝言で注意しなければいけないこと 寝言は自分では気付くことが少なく、家族や同室の人によって指摘されることが多いです。小児では半数に及び、成人でも5%程度は見られます。寝言の内容はばらつきがあり、特定の傾向というものはありません。 Posted in 睡眠について
  • ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説 日中の堪え難いほど強い眠気が大きな特徴です。 仕事や学校など日常の生活に支障が出るレベルの強い眠気が起こる状態が1ヶ月以上続くと、ナルコレプシー(過眠症)に罹患していると判断されます。 フランスの神経科医がナルコレプシーという言葉を造りました。「ナルコ(narco)」は「眠り」、「レプシー(lepsy)」は「発作」を意味し、それぞれギリシャ語に由来しています。 […] Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 熟眠障害の診断基準や改善方法って知ってる?熟眠障害の診断基準や改善方法って知ってる? 睡眠時間をとっているはずなのに、疲れが抜けずに寝た気がしない・・・ こんな風に思ったことはないでしょうか? このような睡眠障害について紹介していきます! Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 入眠障害になるボーダーラインと診断基準入眠障害になるボーダーラインと診断基準 睡眠障害や不眠と聞くと入眠障害のことを思い浮かべる人も多いと思います。 入眠障害はどのような状態のことを言い、どこまで症状が進んだら診断などが必要になるのでしょうか? Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう 体内時計という言葉はよく使われますが、医学的にいうと「概日リズム(サーカディアン・リズム)」と言います。24時間周期の体内リズムのことです。 概日リズムが乱れると睡眠障害が発生することがあります。これが「概日リズム睡眠障害」です。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 精神的なことが原因で不眠になったとき、知っておきたいこと精神的なことが原因で不眠になったとき、知っておきたいこと 睡眠障害は、さまざまな原因があります。 うつ病や統合失調症などの精神的疾患が原因で、睡眠障害になることがあります。これは精神的原因と呼ばれています。精神的原因の原因と予防、そして対策について紹介します。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 睡眠薬を安全に効果的に服用しよう睡眠薬を安全に効果的に服用しよう 睡眠薬で不眠は治りません。あくまで不眠の症状を軽減するためのものであって、根本的な治療をするには不眠の原因を取り除かなければなりません。これを勘違いすると睡眠薬の乱用や依存につながってしまいます。昨今は睡眠薬を比較的容易に処方してもらえるようになり、社会問題となっている側面もあるのです。 […] Posted in 不眠・睡眠障害について
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩って睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?ジフェンヒドラミン塩酸塩って睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる? ジフェンヒドラミン塩酸塩は、睡眠改善薬に含まれていることが多いです。なぜ、ジフェンヒドラミン塩酸塩は、睡眠に効果があるのでしょうか? ジフェンヒドラミン塩酸塩について、詳しく紹介していきます! Posted in 睡眠・熟睡・不眠・睡眠障害に役立つ成分
  • うつ病と睡眠障害は両方治療が必要うつ病と睡眠障害は両方治療が必要 うつ病患者は不眠や仮眠など睡眠の問題を抱えているケースが非常に多いです。全体の8割は不眠症状で、中途覚醒や早朝覚醒に悩まされています。また残りの2割は仮眠症状による日中の眠気が強く社会活動に支障を与えます。 鬱によって眠れなくなり、眠れなくなったことにより鬱がさらに悪化するという悪循環が、うつ病と睡眠の関係です。 […] Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 70歳の70%が眠れていない原因と解決方法とは?70歳の70%が眠れていない原因と解決方法とは? 高齢者が朝早くに起きて昔よりも眠れなくなったり、何度も夜に起きてしまい寝た気がしないと話しているのを聞いたことはないでしょうか? なぜ高齢になると、早起きになっていくのでしょうか? 早く起きてしまうことに悩んでいる方向けに、原因と解決方法を紹介します。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 高齢者は、なぜ早朝覚醒してしまうのか?高齢者は、なぜ早朝覚醒してしまうのか? 早く起きすぎて、目が冴えてしまいしっかり眠れないと悩んでいる人もいると思います。 朝早く目が覚めてしまうのは、不眠症になっているということでしょうか? Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について 睡眠障害は、複数の種類があります。ICSD-2による分類や定義について、この記事では紹介をしていきます。睡眠障害には、多くの理由があります。眠ってはいけない時に眠ったり、寝る時間なのに目が冴えていたりすることもあります。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期 女性の睡眠障害には月経が関係しているものがあります。年齢によっても発生しやすい睡眠障害を2つご紹介します。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待できる?ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待できる? ブロモバレリル尿素は、睡眠薬や睡眠改善薬に配合されていることが多いです。 なぜ、ブロモバレリル尿素は、睡眠に効果があるのでしょうか? 副作用や依存性などの気になることがある、という方も多いと思います。 Posted in 睡眠・熟睡・不眠・睡眠障害に役立つ成分
  • 睡眠時遺尿症は子供特有の睡眠障害睡眠時遺尿症は子供特有の睡眠障害 睡眠時遺尿症は子供に多く発生する睡眠時随伴症の覚醒障害です。「おねしょ」が週2回以上の頻度で繰り返し起こる場合をいいます。 発症の男女比は3:2です。年齢を減ると徐々に減っていきます。4歳児で30%、6歳児で10%、10歳児で5%、12歳児で3%程度が発症率となっています。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか 幼児や子供が夜中に突然悲鳴をあげたり泣き叫んだりするのは睡眠時驚愕症です。睡眠時随伴症の覚醒障害の一つで、睡眠中に突然パニック状態になります。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる? カモミールは、睡眠サプリに配合されていることも多いです。なぜ、カモミールは睡眠に効果があるのでしょうか? カモミールの効果や副作用について紹介していきます。 Posted in 睡眠・熟睡・不眠・睡眠障害に役立つ成分
  • 不眠は生理的原因のせいで訪れる?不眠は生理的原因のせいで訪れる? 睡眠障害には、複数の原因があります。 生理的原因は、昼夜逆転状態や時差ボケなどの身体や環境に原因がある状態のことです。この記事では、これらの原因や予防、そして対策について紹介します。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 薬物的原因で不眠症になる前に知っておきたいこと薬物的原因で不眠症になる前に知っておきたいこと 病院で処方された薬を飲み始めて、それ以降から眠れなくなったという人がいます。 不眠症を訴えている人には、このような薬が原因で悩んでいる人もいます。不眠症は、このようにさまざまな成分が原因となり、発症してしまいます。不眠症と薬物的原因について紹介します。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法 「睡眠時随伴症」は睡眠中の異常行動の総称で、発生タイミングによって大きく2つに分けられます。 ・ノンレム関連睡眠時随伴症 5〜12歳の小児の発症が多いです。ノンレム睡眠から覚醒した時に発生します。 ・レム関連睡眠時随伴症 中高年の男性の発症が多いです。レム睡眠時に発生します。 […] Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 夜勤が原因?交代勤務性睡眠障害の診断基準と改善方法夜勤が原因?交代勤務性睡眠障害の診断基準と改善方法 仕事の関係で、どうしても夜勤がある方もいると思います。 夜勤がある前日は、早めに寝るなどの対策をしていても、深夜になると眠気を感じてしまう方もいるのではないでしょうか? ひどくなると、朝の通常業務でも、眠気や疲労感を感じてしまいます。 このような状況を、どのように改善していけばいいか解説していきます。 […] Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が一時的に止まったり、主に喉周りで通気が閉塞し、うまく空気が流れなくなったりする病気です。 睡眠中、無呼吸状態が10秒以上、ないし1時間に5回以上の低呼吸(呼吸による換気率が5割を下回る状態)がある場合、睡眠時無呼吸症候群に当てはまると言われています。 […] Posted in 不眠・睡眠障害について
  • 睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ! 睡眠障害は単に寝つきが悪いことだけを刺すのではなく7つのタイプに分類できます。各種類の体への影響や睡眠障害かどうかをチェックする方法をご紹介します。 Posted in 不眠・睡眠障害について
  • レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気 レム睡眠行動障害とは、レム睡眠中の夢見体験に一致した睡眠中の異常行動です。 レム睡眠時には体の力が抜けており動くことができないのが普通ですが。RBDの患者はレム睡眠時にも体の筋肉に力が入るため同衾しているパートナーや本人が外相を負うケースがあります。医療関係者にもあまり知られていない病気で、認知症やせん妄と誤診されるケースがあります。また寝ぼけやストレスで片付けられてしまうケースもあります。 […] Posted in 不眠・睡眠障害について

関連記事

  1. 金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因

  2. 日本の平均睡眠時間って知ってる?世界と比べて分かること

  3. 睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策

  4. 夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る

  5. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

  6. 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

    女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

  1. 70歳の70%が眠れていない原因と解決方法とは?

    2018.08.18

  2. うつ病と睡眠障害は両方治療が必要|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    うつ病と睡眠障害は両方治療が必要

    2019.06.24

  3. 枕の選び方で快眠をゲット!|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    枕の選び方で快眠をゲット!

    2019.06.24

  4. 朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは

    2019.06.20

  5. 睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策

    2019.06.21

  6. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  7. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  8. 睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!

    2019.06.20

  9. 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ

    2019.06.24

  10. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

    2019.06.21

  1. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

    2019.06.24

  2. レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処…

    2019.06.24

  3. 女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期|女性の睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期

    2019.06.24

  4. 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ

    2019.06.24

  5. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  6. 睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠で美肌を実現!肥満解消、免疫力アップにも効果あり!

    2019.06.20

  7. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

    2018.08.12

  8. 寝起きが良くなる起床時ストレッチ!|運動|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝起きが良くなる起床時ストレッチ!

    2019.06.24

  9. いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険も!|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険…

    2019.06.21

  10. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

    2019.06.24

  1. 朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!

    2019.06.24

  2. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

    2019.06.24

  3. 発芽玄米やGABAのオススメサプリと効果を紹介!

    2018.08.30

  4. 熟眠障害の診断基準や改善方法って知ってる?

    2018.08.23

  5. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

    2019.06.20

  6. 睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ

    2019.06.20

  7. 睡眠薬に関する4つタイプとは?

    2018.08.08

  8. 夜勤が原因?交代勤務性睡眠障害の診断基準と改善方法

    2018.08.27

  9. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

    2019.06.24

  10. 朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは

    2019.06.20

  1. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

  2. いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険も!|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険…

  3. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

  4. 睡眠薬に関する4つタイプとは?

  5. 朝日を浴びることで睡眠の質が上がる|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝日を浴びることで睡眠の質が上がる

  6. アロマを利用して睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    アロマを利用して睡眠の質を高める

  7. 睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか

  8. 寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか

  9. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

  10. シニア世代の睡眠の質を改善するために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    シニア世代の睡眠の質を改善するために