ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待できる?

ブロモバレリル尿素は、睡眠薬や睡眠改善薬に配合されていることが多いです。

なぜ、ブロモバレリル尿素は、睡眠に効果があるのでしょうか?

副作用や依存性などの気になることがある、という方も多いと思います。

そんなブロモバレリル尿素について、紹介していきます。

ブロモバレリル尿素とは?


ブロモバレリル尿素は、ナロンエースやウットなどの鎮痛剤や、ブロバリンなどの睡眠薬に配合されている成分です。

ウットのパッケージデザインでも分かりますが、ドキドキやイライラなどのストレスを落ち着かせ、眠くなる効果があります。

薬やサプリでの配合量は、250mg~1000mg程度となっています。。就寝前や時間を分けて服用すると、効果を発揮しだします。

鎮静薬として販売の場合、副作用として睡眠に関する記述があります。

腎臓や肝臓に不安があれば、臓器を痛める可能性があるため服用できません。

日本では1915年頃から不眠症の薬として、ブロモバレリル尿素は愛用されてきました。かなり古くから親しまれてきたと言えるでしょう。

ブロモバレリル尿素は、なぜ効果があるのか?


ブロモバレリル尿素を摂取すると、なぜイライラが収まったり、眠気を感じるのでしょうか?

大脳の上行性網様体賦活系と呼ばれている、感覚系神経に作用するからだと言われています。

上行性網様体賦活系は、人間が起きているために、必ず必要な部分です。上行性網様体賦活系に問題を抱えると、植物人間や意識障害になる可能性があります。

上行性網様体賦活系にブロモバレリル尿素が入り込むことで、働きを抑制します。身体の活動が弱まることで、眠くなるという効果があるのです。

上行性網様体賦活系があることで、ドキドキしたりやイライラしたりするのです。このような働きがあるため、鎮静薬としても利用されています。

病気が原因の場合などは、ドキドキを収める効果が見られないこともあります。

副作用には、注意する必要がある


大量に睡眠薬を摂取すると死亡する話を聞いたことがあるかもしれません。

1950年頃は、睡眠薬を大量に摂取することで、自殺をするケースがとても多かったです。近年は、睡眠薬を使った自殺は、ほぼなくなりました。それと同時に、ブロモバレリル尿素の睡眠薬も、処方されたり流通されたりしなくなりました。

なぜなら、ブロモバレリル尿素が人間を殺すことが可能な劇薬の成分だったからなのです。

明確な依存性も確認されていて、成分の蓄積率も他の睡眠薬を比較して少し高いことが判明しています。アメリカでは、医療目的であったとしても、禁止されています。

現在も、ウットなどの医療品は、1人1つしか購入できません。また、販売をしている店舗も減少しています。麻薬及び向精神薬取締法で指定されてしまっているのです。

多くの医師がブロモバレリル尿素の使用に反対しています。そんな背景もあり、睡眠薬としてもほとんど処方されていません。いずれ販売停止になる可能性もあるでしょう。

麻薬及び向精神薬取締法は、薬や麻薬の乱用を防ぐために設けられている法律です。

カテゴライズされた薬や成分は、未成年への販売禁止なっていたり、流通が規制される危険なものとなっています。

このような成分なので、市販の医療品であっても、ブロモバレリル尿素が配合されている製品は、絶対にオススメできないです。どうしても服用したいときは、担当医と相談してください。

ブロモバレリル尿素の副作用は、以下が代表的です。

嘔吐
急性中毒
依存性
かゆみ
吐き気
脳の萎縮
ゲリ
参考:おくすり110番 ブロモバレリル尿素

市販の薬でも、ブロモバレリル尿素のように強烈な成分が含まれている場合もあります。気づいたら麻薬中毒者のようになっているかもしれません。

睡眠サプリのほうが、間違いなく健康的と言えるでしょう。

ブロモバレリル尿素よもオススメなのは?


ブロモバレリル尿素の代わりに、どんな製品を使用すればいいのでしょうか?

病院で睡眠薬を処方してもらうか、サプリメントを服用するのがいいでしょう。

医師の診断で処方された睡眠薬であれば、ブロモバレリル尿素より安全性が高いです。近くに適切な医師がいない場合は、睡眠・休息サプリメントがオススメです。

睡眠サプリは、身体のバランスを整えることを目的にしています。気分も楽になりやすいため、服用してみるのがいいでしょう。

サプリが苦手でも、ジュースタイプの製品もあるため、いろいろな製品を比べてみてください!

ブロモバレリル尿素のまとめ


ブロモバレリル尿素は、睡眠改善薬として強い効果がある

アメリカでは完全に使用禁止になるほど危険性が高い

日本も禁止すべきという医師が一定数は存在している

ブロモバレリル尿素は、睡眠薬=危険・自殺のイメージになった原因でもある

日本では麻薬及び向精神薬取締法により規制されている

体質次第では、通常の摂取でも副作用を発生させる恐れがある

不眠で困っているときには、睡眠サプリを使用してみるのがオススメです!

睡眠サプリは、栄養素でゆっくりと身体のバランス整え、本来の状態に導くサプリメントです。

即効性がないという欠点もありますが、ブロモバレリル尿素とは違い、本質的なアプローチをするので、飲み続けることもないです。

即効性を求めているなら、ブロモバレリル尿素よりも、病院で処方される睡眠薬を試してみましょう。

ブロモバレリル尿素よりも、睡眠サプリがオススメです!

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. ジフェンヒドラミン塩酸塩って睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  2. 発芽玄米やGABAのオススメサプリと効果を紹介!

  3. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  4. 睡眠サプリに配合されているテアニンってどんな効果があるの?

  5. クワンソウって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  6. カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  1. 睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ

    2019.06.20

  2. 簡単に実践可能!快適な睡眠環境づくりのためにできること|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    簡単に実践可能!快適な睡眠環境づくりのためにできること

    2019.06.21

  3. ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての…

    2019.06.24

  4. クワンソウって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.27

  5. 子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響|子どもの睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響

    2019.06.24

  6. 押さえておこう!不眠とストレスの関連性とその対処法

    2019.06.21

  7. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

    2019.06.24

  8. 睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について

    2018.08.14

  9. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

    2019.06.24

  10. 枕の選び方で快眠をゲット!|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    枕の選び方で快眠をゲット!

    2019.06.24

  1. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  2. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.18

  3. ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.20

  4. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

    2019.06.24

  5. ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての…

    2019.06.24

  6. 睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!|睡眠障害とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!

    2019.06.24

  7. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

    2019.06.20

  8. 丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違いとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    丁度良い睡眠時間は人それぞれ。短眠と長眠、タイプによる性格の違…

    2019.06.20

  9. 睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策

    2019.06.21

  10. 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

    女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状…

    2019.06.24

  1. 睡眠の質や種類は年代によって変化する|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠の質や種類は年代によって変化する

    2019.06.21

  2. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

    2018.08.12

  3. 押さえておこう!不眠とストレスの関連性とその対処法

    2019.06.21

  4. 朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは

    2019.06.20

  5. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法

    2019.06.24

  6. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

    2019.06.21

  7. 寝相の注意点と性格分析|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝相の注意点と性格分析

    2019.06.21

  8. ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.20

  9. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.18

  10. 寝起きが良くなる起床時ストレッチ!|運動|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝起きが良くなる起床時ストレッチ!

    2019.06.24

  1. 不眠は生理的原因のせいで訪れる?

  2. アロマを利用して睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    アロマを利用して睡眠の質を高める

  3. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

  4. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

  5. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

  6. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工…

  7. 心理的なストレスが不眠を引き起こす原因になる

  8. 就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質

  9. 社会人の睡眠環境を改善する方法|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    社会人の睡眠環境を改善する方法

  10. 男女間で異なる睡眠の質|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    男女間で異なる睡眠の質