グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

グリシンは、睡眠サプリに配合されていることが多いです。なぜグリシンは、睡眠に効果があるのでしょうか?

副作用や安全性、依存性などが心配な方もいるかもしれません。そんな方向けに、グリシンについて解説していきます。

アミノ酸系神経伝達物質として重要な存在


グリシンは、別名ではアミノ酢酸と呼ばれます。コンビニ弁当で使われている添加物としても有名です。アミノ酸ではありますが、人間の身体だけで合成ができる非必須アミノ酸に分類されています。

グリシンは、アミノ酸のなかで、最も古い存在です。人類が誕生する以前から存在していた太古の成分です。そのため、アミノ酸のなかでは、分子が最も小さくて構造も簡単になっています。

人間の脳内で、抑制性神経伝達物質と興奮性神経伝達調節物質を制御する役割を持っています。これは興奮と冷静さ制御しえいるということです。

重要な成分だからこそ、身体がグリシンを生成してくれるため、本来であれば食事で摂取する必要がありません。以前は偽薬として扱われることもありました。

メカニズムが明でも、効果は確認されている


太古の昔から存在するグリシンですが、睡眠効果があることを確認されたのは最近です。なぜ眠たくなるのかは現在でも不明です。」大学教授などが、グリシンを摂取すると眠たくなる理由を研究しています。国も助成金を出すなどして、解明のために取り組んでいます。

最新の研究には、アミノ酸グリシンによる睡眠改善効果の作用機序解明(著者:河合信宏)という発表があります。これは、2014年に提出された東京大学の研究です。

グリシンの睡眠成分はグリシンそのもの。体内で成分変化は起きていない。
体中の血液や脳内へグリシンが行きわたり、NMDA型グルタミン酸受容体と呼ばれるものとの間で何かが起きている。
グリシンを摂取すると眠たくなる理由は、グリシンが体中の血流を改善した結果、全身の熱が放出。その結果、冬眠するクマのように眠たくなった。

上記はグリシンによる睡眠効果の有力な理論となっています。簡単に言い換えると、グリシンを摂取すれば身体の血行が良くなり、その代わりとして眠たくなるということです。

人間は、心臓などを中心に身体中に大きな熱を持っています。血行が良くなることで、血液と一緒に、熱が体中へ送られます。ヨガやマッサージをすることで、血行が良くなり身体がポカポカするのは、熱が全身に送られているからなのです。

身体に熱が巡ると、外気により熱が失われます。雪山で遭難した人がなるように、徐々に眠気が襲ってくるようになります。

このような流れで、グリシンは人を眠くさせる作用を働かせるのです。

効果がある摂取方法


グリシンを摂取するときに、どのような方法が効果的なのでしょうか?

鎌倉女子大学の研究結果によれば、効果が明確に実感できるのは、1日に3グラム摂取する必要があると発表されています。

3g摂取するためには、通常の睡眠サプリでは難しいです。グリジンサプリであれば、効果がある量を摂取することが可能です。通常の食事を食べたとしても、かなり意識しなければ難しい量と言えるでしょう。

不眠で悩んでいるときには、グリシンサプリ摂取するのがオススメです。

グリシンをバランスよく摂取できる食事とは?

豆類や牛乳、ワカメなどには、グリシンが豊富に含まれています。

効率良くグリシンを摂取するには、日本食こそがベストと言えます。

アミノ酸は、必須アミノ酸をバランスよく摂取すると、十分な効果を発揮できる現象、アミノ酸の桶があります。

バランスを絶妙な形で保てる食事こそが、日本食なのです。

日本食の穀物類は、メチオニンやトリプトファンが含まれており、豆類にはリシンやイソロイシンが含まれています。これらを摂取していると、グリシンも十分取り込めています。

副作用の心配をする必要はあるのか?


グリシンには、副作用などがないか心配な方もいるかもしれません。

グリシン自体には、副作用は確認されていません。しかし、1日に8kg以上を摂取した場合、急性中毒になり死亡する可能性があります。

通常、それだけ摂取することは不可能なので、急性中毒を心配する必要はありません。

グリシンを摂取して、健康的な生活を送りましょう!

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. ジフェンヒドラミン塩酸塩って睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  2. 発芽玄米やGABAのオススメサプリと効果を紹介!

  3. トリプトファンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  4. カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  5. ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待できる?

  6. 睡眠サプリに配合されているテアニンってどんな効果があるの?

  1. うつ病と睡眠障害は両方治療が必要|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    うつ病と睡眠障害は両方治療が必要

    2019.06.24

  2. 枕の選び方で快眠をゲット!|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    枕の選び方で快眠をゲット!

    2019.06.24

  3. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!

    2019.06.21

  4. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

    2019.06.21

  5. 高齢者は、なぜ早朝覚醒してしまうのか?

    2018.08.22

  6. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

    2019.06.20

  7. 夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める

    2019.06.24

  8. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  9. 身体的原因により、不眠になってしまう!?|不眠・睡眠障害につい…

    2018.08.17

  10. 朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!

    2019.06.24

  1. 日本の平均睡眠時間って知ってる?世界と比べて分かること

    2018.08.13

  2. 睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠は脳を休息させ健康な肉体を保つ

    2019.06.20

  3. ジフェンヒドラミン塩酸塩って睡眠サプリに配合されているけど、効…

    2018.08.20

  4. 押さえておこう!不眠とストレスの関連性とその対処法

    2019.06.21

  5. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  6. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

    2018.08.12

  7. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

    2019.06.24

  8. 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

    女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状…

    2019.06.24

  9. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

    2019.06.24

  10. 快眠ストレッチでスムーズな睡眠を|運動|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快眠ストレッチでスムーズな睡眠を

    2019.06.24

  1. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

    2019.06.24

  2. 金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    金縛りはレム睡眠時の覚醒が原因

    2019.06.21

  3. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

    2018.08.12

  4. 子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響|子どもの睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響

    2019.06.24

  5. 夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夕方の過ごし方で夜の睡眠の質を高める

    2019.06.24

  6. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

    2019.06.24

  7. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

    2019.06.24

  8. 寝ていても目が覚めてしまう中途覚醒とは?

    2018.08.15

  9. 高齢者は、なぜ早朝覚醒してしまうのか?

    2018.08.22

  10. 寝汗をかくことで快眠を手に入れる|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝汗をかくことで快眠を手に入れる

    2019.06.21

  1. 睡眠時は鼻呼吸をしないと危険|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時は鼻呼吸をしないと危険

  2. 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ

  3. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工…

  4. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  5. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

  6. 心理的なストレスが不眠を引き起こす原因になる

  7. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

  8. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

  9. カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  10. 睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策