カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

カモミールは、睡眠サプリに配合されていることも多いです。なぜ、カモミールは睡眠に効果があるのでしょうか?

カモミールの効果や副作用について紹介していきます。

世界最古のハーブ、カモミール


カモミールは、キク目キク科の植物です。日本語では、カミツレと呼ばれています。小学生や中学生だった頃に、学校で植えた経験がある方もいるかもしれません。

カモミールは、ヨーロッパや中東、そして北アフリカの植物です。しかし、近年ではプランターなどに植えられたカモミールの種が風などにより飛ばされて、自生するようになっています。

カモミールと人間の歴史は、とても古いです。現在から4000年前まで遡る必要があります。紀元前2000と言えば、エジプトでピラミッドが立てられている頃です。中国では、最古の王朝が誕生した頃なので、かなり昔なのが分かると思います。

メソポタミア文明では、カモミールは既に薬草として使われていました。エジプトでは、太陽神ラーへの捧げ物として扱われるなど、価値のあるものでした。

クレオパトラも、眠る前にカモミールを飲んでいたという記録が残っています。

ローマ帝国があった頃には、赤ちゃんの炎症を抑えるために使用されていました。また、興奮状態を抑えてリラックスするために使われるなど、親しみやすいお茶として飲まれていました。

ローマ帝国崩壊後も、ヨーロッパで伝えられ続けて、医者の薬やマザーハーブなどの別名も持つほど、慕われる存在でした。

ピーターパンでも、お腹を壊してしまったピーターパンが、カモミールティーを飲むシーンがあります。イギリスで最も古いと言われているハーブ専門書、バンクスの本草書でも、頭痛や腹痛に効果があると書かれています。

古代から現在に至るまで、カモミールが愛され続けるのは、安眠や腹痛をはじめ、炎症や月経の痛みなど抑える効果があるからです。さまざまな役割を果たすからこそ、何かあればカモミールを使えばいいという考えになっています。

カモミールは、本来日本には存在しなかった植物ですが、江戸時代にオランダから医学書と一緒に伝わったのが始まりと言われています。

カモミールは、2種類のハーブがある


カモミールはいくつか種類があります。ハーブとして扱われているのは2種類あり、ローマンとジャーマンです。この2つは外見上とても似ています。しかし、効果には大きな違いがあります。

先述したカモミールの効果は、この2つのことを説明をしています。

ローマンとジャーマンの違いは、葉っぱから香りがするかが判断しやすいです。花だけが香っていれば、ジャーマンとなります。葉っぱからも香りがしていれば、ローマンです。

ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミールには、どのような効果があるのでしょうか?身体のなかの炎症やアレルギー、生理痛などを抑える効果があります。

フラポノイドとアズレンという成分があるため、このような効果を生みます。アズレンは抗菌作用の効果があります。フラポノイドには、必要異常に過敏な状態を沈静化してくれます。

そのため免疫の過剰反応になっている炎症とアレルギー反応を抑えてくれる働きをしてくれます。

生理痛でも原理は基本的に同じです。子宮内で必要以上に反応している部位を、沈静化してくれます。このような効果があるため、痛みが引いていきます。

生理痛で眠れなくて悩んでいるときは、ジャーマンカモミールか、このような効果があるサプリメントがオススメです。

ローマンカモミール

ローマンカモミールには、リラックスさせたり肌の炎症を抑えたりする効果があります。

ローマンカモミールの成分の多くは、エステル類という鎮静成分のため、このような効果があります。効果はとても強力で、アロマとして使い香りを楽しんでも、眠たくなるほどです。

効果の効き目はゆっくりなため、子どもから大人まで安心して使用できます。

お茶にして飲むととても苦いため、薄めて飲む必要があります。就寝前にサプリメントとして摂取するか、アロマとして利用しましょう。

カモミールの安全性は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


カモミールの安全性についてですが、現在では大きな副作用や依存性などは、確認されていません。過剰摂取でも、よほどのことがないかぎり大丈夫です。

ただし、文献には妊婦さんの場合、使用は控えたほうがいいと記述があることもあるため、気をつけたほうがいいでしょう。

また、キク科の植物に対して、アレルギーを持っている人も同様に服用を控えてください。

辛い時に使いたいハーブ


カモミールの花言葉を知っているでしょうか?

カモミールには、苦難に耐えるや、逆境で生まれる力という意味があります。これにはカモミールが、強い風に晒されたり、踏まれたりしても、花を咲かせることに由来して、このような意味を持っています。

人間は、強くて屈強な人でも、休なければ壊れてしまいます。カモミールにリラックスさせる効果があるのは、そのことを知っているからなのかもしれません。

悲しくてどうしようもないときは、カモミールのアロマやハーブティーとアロマをとってみましょう。やさしい香りのおかげで、リラックスできるようになるはずです。

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. クワンソウって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  2. ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待できる?

  3. 睡眠サプリに配合されているテアニンってどんな効果があるの?

  4. 発芽玄米やGABAのオススメサプリと効果を紹介!

  5. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  6. トリプトファンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  1. 睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について

    2018.08.14

  2. 赤ちゃんに睡眠リズムを身ににつけさせママはしっかり眠るために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    赤ちゃんに睡眠リズムを身ににつけさせママはしっかり眠るために

    2019.06.24

  3. 夜勤が原因?交代勤務性睡眠障害の診断基準と改善方法

    2018.08.27

  4. 睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!|睡眠障害とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!

    2019.06.24

  5. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

    2019.06.21

  6. 睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策

    2019.06.21

  7. ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.20

  8. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

    2019.06.20

  9. 時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法

    2019.06.21

  10. 不眠は生理的原因のせいで訪れる?

    2018.08.16

  1. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

    2019.06.24

  2. 熟眠障害の診断基準や改善方法って知ってる?

    2018.08.23

  3. 寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか

    2019.06.24

  4. クワンソウって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.27

  5. トリプトファンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.28

  6. 子供の時期別睡眠時間!気をつけるべきポイント!|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    子供の時期別睡眠時間!気をつけるべきポイント!

    2019.06.24

  7. レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処…

    2019.06.24

  8. 寝ていても目が覚めてしまう中途覚醒とは?

    2018.08.15

  9. 睡眠の質や種類は年代によって変化する|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠の質や種類は年代によって変化する

    2019.06.21

  10. 睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか

    2019.06.24

  1. 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

    女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状…

    2019.06.24

  2. 熟眠障害の診断基準や改善方法って知ってる?

    2018.08.23

  3. 薬物的原因で不眠症になる前に知っておきたいこと

    2018.08.17

  4. 睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠中に分泌される3つの重要なホルモン

    2019.06.20

  5. 睡眠の質や種類は年代によって変化する|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠の質や種類は年代によって変化する

    2019.06.21

  6. 快適な布団を保つためのお手入れ方法|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    快適な布団を保つためのお手入れ方法

    2019.06.24

  7. 寝言で注意しなければいけないこと|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝言で注意しなければいけないこと

    2019.06.21

  8. 睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係…

    2019.06.24

  9. 身体的原因により、不眠になってしまう!?|不眠・睡眠障害につい…

    2018.08.17

  10. 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ

    2019.06.24

  1. 枕の選び方で快眠をゲット!|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    枕の選び方で快眠をゲット!

  2. 不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法

  3. 夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める

  4. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

  5. 就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質

  6. 女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状態が変わる?

    女性ホルモンが睡眠にもたらす影響とは 更年期や妊娠を期に睡眠状…

  7. 睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時下肢こむらがえりは睡眠障害を引き起こす

  8. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

  9. カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  10. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!