睡眠薬に関する4つタイプとは?

睡眠薬は効果時間で4つに分類できる


睡眠薬は、さまざまな種類に分けることができます。効果時間ごとに分けるとすれば、「超短時間型」「短時間型」「中時間型」「長時間型」に分類することが可能です。

効果時間を専門的に言うとすれば、半減期と呼べます。これは服用した後に身体に入った血液中の薬の濃度が、最高値の半分以下になるまでの時間を指します。効果時間が短ければ、身体の中にある期間も同様に短いです。副作用の強さは、基本的にはこの時間に準じています。

超短期作用型

超短時間作用型の特徴は、即効性が高いことです。人によっては、5~10分程度で倒れるように眠ることもあります。効果が強いため、起きた直後は意識が朦朧としたままで、少し記憶障害が起きることがあります。

効果時間が短いです。そのため、朝起きたときには薬の成分が消えていることが多いです。車での通勤に支障が出る可能性も少ないです。

短時間作用型

短時間作用型は、約12時間以内までが半減期と言われています。超短時間作用型とは違い、倒れるほどの効果はありませんが、服用のタイミングにより私生活に支障がでることもあります。

半減期を過ぎても、身体に成分が残っているので、午後3時くらいまでは頭がボーとする人もいます。

中時間作用型

中時間作用型は、半減期が24時間続くため、1日中常に眠たくなります。

1日1回ほど服用したとしても、約半分は身体に残り続けることになります。そのため、長く服用すれば、血液の中の成分が濃くなります。薬を止めたときの離脱症状をはじめ、副作用や依存性が本格的に強く現れます。服用は、1週間までに抑えたい状況です。

長時間作用型

長時間作用型の睡眠薬の場合は、半減期が24時間を越えています。このタイプも、中時間作用型と同様に長期間の服用はとても危険です。どうしてもという状況以外は、使わないに越した事がないです。

情報をまとめると、次のようになります。

超短期作用型
特徴:即効性がかなりある。一般的な睡眠時間の後、血液内に薬が残らないため、日常生活で支障が少ない。
有効な睡眠障害の人:入眠障害の人
効果時間(半減期):1~5時間

短時間型
特徴:効果時間が若干長くなる。一般的な睡眠時間内のため、私生活への影響はほとんどない。
有効な睡眠障害の人:中途覚醒や入眠障害の人
効果時間(半減期):6~11時間

中時間型
特徴:効果時間が1日以上のケースがある。副作用が原因で、学校や仕事で支障が出る場合もある。毎日服用する場合、薬の成分が血液内に蓄積するため、服用は医師の指示に従う必要がある。
有効な睡眠障害の人:中途覚醒・早朝覚醒の人
効果時間(半減期):12時間~24時間

長時間型
特徴:薬により1週間程度は効果が持続する。効果が私生活に支障が出ないようにするために、細心の注意が必要になる。抗うつ薬としても使用されている。
有効な睡眠障害の人:早朝覚醒の人
効果時間(半減期):24時間~

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. 赤ちゃんの夜泣きが大変なのは4ヶ月まで!体内時計が夜泣きの原因?

  2. 最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    最適な睡眠環境を作る6つの方法 環境を工夫して快適な睡眠をとろう

  3. 寝相の注意点と性格分析|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝相の注意点と性格分析

  4. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし

  5. 寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか

  6. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める

  1. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

    2019.06.24

  2. 就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質

    2019.06.24

  3. 寝言で注意しなければいけないこと|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝言で注意しなければいけないこと

    2019.06.21

  4. 精神的なことが原因で不眠になったとき、知っておきたいこと

    2018.08.17

  5. カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.19

  6. 子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響|子どもの睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    子どもの睡眠障害がのちの人生に与える影響

    2019.06.24

  7. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  8. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工…

    2019.06.21

  9. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

    2019.06.24

  10. 寝相の注意点と性格分析|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝相の注意点と性格分析

    2019.06.21

  1. ブロモバレリル尿素って睡眠薬に配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.20

  2. 睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時の歯ぎしりはストレスが原因?2次症状と対策

    2019.06.21

  3. シニア世代の睡眠の質を改善するために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    シニア世代の睡眠の質を改善するために

    2019.06.24

  4. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  5. グリシンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

    2018.08.18

  6. 夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夜にリラックスして過ごすことで睡眠の質を高める

    2019.06.24

  7. トリプトファンって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待で…

    2018.08.28

  8. 昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    昼間の眠気を追い出す仮眠のコツ

    2019.06.24

  9. ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    ストレス性の不眠は実は脳の防衛機能!

    2019.06.20

  10. 社会人の睡眠環境を改善する方法|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    社会人の睡眠環境を改善する方法

    2019.06.24

  1. 朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    朝食で炭水化物とカフェインを摂取してよい目覚めを!

    2019.06.24

  2. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  3. 寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか|食事|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝る前に食事すると太る?夜中にお腹が空いた時はどうするか

    2019.06.24

  4. 不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法

    2019.06.24

  5. 高齢者は、なぜ早朝覚醒してしまうのか?

    2018.08.22

  6. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  7. 夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る

    2019.06.24

  8. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

    2018.08.11

  9. 睡眠時は鼻呼吸をしないと危険|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠時は鼻呼吸をしないと危険

    2019.06.21

  10. 70歳の70%が眠れていない原因と解決方法とは?

    2018.08.18

  1. 睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時随伴症(パラソムニア)が発症した時の対処法

  2. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

  3. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

  4. 睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!|睡眠障害とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠障害は医師の診断が必要!気になる症状7タイプ!

  5. 肥満肺胞低換気症候群(OHS)は肥満が原因で発生する呼吸障害|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    肥満肺胞低換気症候群(OHS)は肥満が原因で発生する呼吸障害

  6. カモミールって睡眠サプリに配合されているけど、効果は期待できる?

  7. シニア世代の睡眠の質を改善するために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    シニア世代の睡眠の質を改善するために

  8. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工…

  9. 寝汗をかくことで快眠を手に入れる|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    寝汗をかくことで快眠を手に入れる

  10. パジャマの選び方で睡眠の質を高める|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    パジャマの選び方で睡眠の質を高める