薬物的原因で不眠症になる前に知っておきたいこと

病院で処方された薬を飲み始めて、それ以降から眠れなくなったという人がいます。

不眠症を訴えている人には、このような薬が原因で悩んでいる人もいます。不眠症は、このようにさまざまな成分が原因となり、発症してしまいます。不眠症と薬物的原因について紹介します。

薬などの副作用で眠れなくなる


薬物的原因の不眠症は、薬の効果により不眠症になってしまうケースの事を言います。

薬にはさまざまなタイプがあるので、代表的なものを紹介します。

処方薬が原因の場合

薬物的原因の不眠の場合、代表的なのが市販薬や病院で処方された薬です。

不眠症の原因として、処方薬のせいというのは、珍しいことではないです。薬に詳しくない場合、身体の不調が原因と見なされてしまうこともあります。

病院などで、余分な薬を処方されてしまう場合もあります。これは医師が薬を処方しなくなったことにもつながります。

市販薬のパッケージの裏や、処方薬の説明書などには、副作用で寝つきが悪くなる可能性が書かれていることも珍しくありません。

薬の副作用は、効果が出ているということでもあります。しかし、副作用が原因となり、別の病気になっては意味がありません。症状がひどければ、薬を変えてもらったり、市販薬なら別の製品を利用したりする工夫が必要です。

違法な薬が原因の場合

危険ドラッグや麻薬をはじめ、薬には違法な製品も存在しています。

危険ドラッグは、脱法ドラッグや合法ハーブと呼ばれることもあり、手に入れることもできましたが、現在では全てアウトになっています。

違法な薬は、脳を活性化させたり、脳内分泌を異常に増やしたりすることもあり、身体のバランスが崩壊してしまいます。そのため、不眠症になることもあります。

ダメージはすぐに表れるのではなく、数年後に発症することもあります。

覚醒剤の副作用が、7年後に不眠症として現れたケースもあります。睡眠薬を長期間に服用すると、依存をしてしまうこともあるため、とても危険です。

薬物以外が原因の場合


薬物的原因による不眠症は、薬だけが原因というわけではありません。カフェインやアルコールなどによる不眠症でも。薬物的原因と分類されます。

薬物的原因による不眠症は、何かしらの成分により不眠症になってしまったことを指すのです。

下記のような場合も、薬以外の薬物的原因として扱うことになります。

カフェインの場合

カフェインを摂取しすぎると、眠れなくなってしまうと聞いたことがあると思います。

なぜカフェインを取り過ぎると眠れなくなるのでしょうか?

カフェインは、脳の中枢神経に対し覚醒成分を分泌しています。この分泌により、イライラ感や不安を感じるようになります。

カフェインはこれだけでなく、不眠症や免疫力の低下にもつながってしまいます。

カフェインにより、強い不眠や不安を感じるのは、1日210mgと言われています。この数値は、エスプレッソコーヒーで100gがちょうど210mgです。普通の缶コーヒーの場合、500mgで200mgと缶コーヒー約3つ分となっています。

少し飲めば、不眠症になる可能性があるということです。日常的に飲んでいるのであれば、気をつける必要があります。

アルコールの場合

寝る前にアルコールを飲むことで、眠りやすくなると言う人もいます。

アルコールを飲むことによりリラックスするので、睡眠にいいと考える人も多いかもしれません。

寝る前にアルコールを飲むと、睡眠に効果がある代わりに、質を急激に低下させてしまいます。それにより熟睡感欠如と早朝覚醒になりやすいというデメリットが生じるのです。

朝早く起きてしまうだけでなく、疲れも全く解消しない状態になります。

睡眠で問題が起きるほど飲んだ場合、お酒を断っても不眠症を改善するのが難しくなります。

軽度で済んでいる間に、寝酒はやめるのが得策です。アルコールが私生活に影響を与えている場合、病院で受診をして改善を試みてください。状況が悪化すれば、うつ病を併発してしまう可能性があります。

危険な物質の場合

上記以外にも、さまざまな物質の影響で、不眠症になる可能性があります。

工場や特殊工事を仕事にしていると、知らない間に危険な成分を摂取している可能性もあります。それが原因となり、不眠になってしまうケースもあります。

自分の置かれた状況を確認し、不眠を解消していくことが大切です。

こんな快眠方法・安眠方法の記事も人気です。

関連記事

  1. レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レストレスレッグス症候群(RLS)はどんな病気? 症状と要因、対処法を徹底解説

  2. 寝ていても目が覚めてしまう中途覚醒とは?

  3. 睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について

  4. 睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動

  5. ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説

  6. レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    レム睡眠行動障害(RBD)は謎が多い危険な病気

  1. 朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    朝型生活、夜型生活、それぞれのメリットとデメリットとは

    2019.06.20

  2. 発芽玄米やGABAのオススメサプリと効果を紹介!

    2018.08.30

  3. 女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期|女性の睡眠障害|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    女性特有の睡眠障害!月経や更年期や妊娠期

    2019.06.24

  4. 睡眠薬を安全に効果的に服用しよう|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効果的に服用しよう

    2019.06.24

  5. 睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時遊行症はノンレム睡眠時の無意識行動

    2019.06.24

  6. シニア世代の睡眠の質を改善するために|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    シニア世代の睡眠の質を改善するために

    2019.06.24

  7. 効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    効果的な昼寝で認知症予防と作業効率アップ!

    2019.06.20

  8. 睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時無呼吸症候群の症状と原因とは?対処法は2つある|睡眠に関係…

    2019.06.24

  9. 精神的なことが原因で不眠になったとき、知っておきたいこと

    2018.08.17

  10. 社会人の睡眠環境を改善する方法|世代別の注意点|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    社会人の睡眠環境を改善する方法

    2019.06.24

  1. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

    2018.08.14

  2. 男女間で異なる睡眠の質|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    男女間で異なる睡眠の質

    2019.06.21

  3. 睡眠薬に関する4つタイプとは?

    2018.08.08

  4. 寝起きが良くなる起床時ストレッチ!|運動|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    寝起きが良くなる起床時ストレッチ!

    2019.06.24

  5. いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険も!|睡眠中の気になるあれこれ|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    いびきの仕組みと治療方法!放っておくと睡眠時無呼吸症候群の危険…

    2019.06.21

  6. 睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか

    2019.06.24

  7. 日本の平均睡眠時間って知ってる?世界と比べて分かること

    2018.08.13

  8. ベッドを快適に保つお手入れ|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    ベッドを快適に保つお手入れ

    2019.06.24

  9. 薬物的原因で不眠症になる前に知っておきたいこと

    2018.08.17

  10. 喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    喫煙者は睡眠不足!睡眠の質と深い眠りに悪影響!

    2019.06.21

  1. 熟眠障害の診断基準や改善方法って知ってる?

    2018.08.23

  2. 睡眠障害国際分類(ICSD-2)とは?睡眠障害の分類と定義について

    2018.08.14

  3. ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての解説|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    ナルコレプシー(過眠症)の治療法は?原因や症状、検査についての…

    2019.06.24

  4. 悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!|睡眠を妨害するもの|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    悪影響ばかりの寝酒!睡眠障害の原因に!

    2019.06.21

  5. 快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工夫すべし|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    快眠ポイントは夏と冬とで異なる?温度、湿度管理など睡眠環境を工…

    2019.06.21

  6. 不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法

    2019.06.24

  7. 睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    睡眠をとれば苦手な内容でも理解が進みアイデアが浮かぶって本当?

    2019.06.20

  8. 夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る|環境づくり|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    夏と冬は寝具のチョイスで快適に眠る

    2019.06.24

  9. 時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法|睡眠の仕組み|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    時差ボケは予防できる!原因と仕組み、なったときの解消法

    2019.06.21

  10. 男女間で異なる睡眠の質|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    男女間で異なる睡眠の質

    2019.06.21

  1. 不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    不眠症のタイプ別分類とすぐに試せる解消法

  2. 体内時計とは?種類や調整方法について【25時間周期は間違い】

  3. 概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    概日リズム睡眠障害を改善し身体のリズムを整えよう

  4. 高齢者は、なぜ早朝覚醒してしまうのか?

  5. 就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質|一日の過ごし方|熟睡のためにできること|快眠方法・安眠方法

    就寝直前の過ごし方で決まる睡眠の質

  6. 男女間で異なる睡眠の質|睡眠の変化|睡眠の基礎知識|快眠方法・安眠方法

    男女間で異なる睡眠の質

  7. うつ病と睡眠障害は両方治療が必要|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    うつ病と睡眠障害は両方治療が必要

  8. 睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか|睡眠に関係する病気の種類|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠時驚愕症はなぜ発生するのか

  9. 入眠障害になるボーダーラインと診断基準

  10. 睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法|睡眠薬とは|睡眠に関係する病気|快眠方法・安眠方法

    睡眠薬を安全に効率よく摂取する方法